手書きPOP実践Step2.「書く内容を決める」‏

以下6つのことを事前に決めておくと

手書きPOPが、効果的に実践可能になります。

●Step0.商品を決める

●Step1.フォーマットを決める

●Step2.内容を決める

●Step3.レイアウトを決める

●Step4.ペンを決める

●Step5.設置場所を決める

今日は、Step2.「内容を決める」話です。

これまで、【手書きPOP実践ステップ】Step1.までお話ししました。

もし、まだご覧になられていなければ、バックナンバーをこちら。

■手書きPOP実践Step0.「商品を決める

■手書きPOP実践Step1.「フォーマットを決める」

ということで今日は、Step2.『内容を決める』です。

このStep2.で行うこと。

それは、

POPに書く内容、つまり項目を決める、っていうことです。

(まぁ、そのまんまと言えば、そのまんま(笑))

前回、Step1.でPOPの台紙フォーマットを決めたでしょう?

そのフォーマットに書く部分です。

いわば、お客さんに届けるメッセージ。

なので、かなり重要ですよ。

…と言っても、このステップでは、実際にメッセージの中身までは決めません。

考えるのは、書く項目だけね。

っで、具体的に行うことです。

あなたがPOPに書きたい項目をリストアップしましょう。

項目って、どういうモノか?

「商品名」や「価格」など、商品に関してお客さんに伝えたいこと。

それは、どんなことか?

要は、POPの中のコーナー決めです。

  
そして、ここで書く項目は、扱われる業種や商品によって違ってくる。

「1時間あたり、いくら」

といった時間単価が設定された商品。

あれば、ボリュームを伝える必要がありますし。

あなたと他の人とのお店では、扱っている商品も違うので当然、書く項目が違ってきます。

商品ごと、もしくはカテゴリーごとに、いくつかのパターンを出しておいても良いかもしれません。

あくまでも、このステップでは、項目をリストアップ。

そして、実際にどれをPOPに書くか?

選ぶ段階まで。

これでOKです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。