頭の中をシンプルに、、、とるベキ行動を明確にしてくれる4つのステップ

 

「何かをやらなきゃイケないけど、、、、

 何をやったらイイのか分からない、、、」

 

こんな風に悩まれたりしたコトとかないですか?

 

意外と多いと思うんだよな、こういう風になって前へ進めなくなる。

気持ちだけが空回りしちゃう、、、っていうコト。

(・・・僕もよくあるからネ)

 

 

でね、今言ったような状態になっちゃった時。

そんな時に、意識してもらいたいコト。

意識することで、ヤルベキことが比較的、明確になりやすい。

そんな話を今日はします。

 

僕も販促サポートに入って、たまにやる。

お店の方とお話をしていて、

「さぁ、どうしようか、、」

って、頭がゴチャゴチャしそうになった時にやることです。

 

この4つのステップで考えると、頭の中がシンプルになる。

ヤルベキ行動も明確になる。

そんな方法なんだけど、どういうのか?というと、、、

 

1.認知
2.興味
3.来店(購入)
4.リピート

 

この4つのステップ。

ココに当てはめて考えてみるんです。

そうすると、頭の中がシンプルになって、ヤルベキことが明確になりやすい。

 

 

高知にはこんなチンチン電車が走ってる

高知にはこんなチンチン電車が走ってる

 

 

1.認知:まず、知ってもらわないと始まらない

「お客さんに来てもらいたい、、、」

そう願っても、まず、やらなきゃイケないコトがある。

 

願う前に、やっておかないと、、、っていうコトが。

それが、この認知の部分。

お客さんにお店の存在を知ってもらう、っていう作業です。

 

どれだけ、お店に来てもらいたい、、、そう願っても。

何か仕掛けを施そうと思っても、、、、

お店の存在自体を知ってもらってないと始まらない。

 

なので、

「お店の存在を知ってもらうには、何をすればイイんだろう?」

この視点でモノゴトを考えていきます。

 

2.興味:知ってもらったら、興味を持ってもらおう

お店の存在を知ってくれても、そこで止まる。

気がついただけで終わる。

そんなケースって、いっぱいあると思うんです。

 

みんな忙しいですからね。

何となく気がついたけど、そこから先は気にかけない。

記憶に残らない。

忘れちゃう、、、っていうのかな。

 

もうワンステップ。

せっかく、お店の存在を知ってもらったんだから、もうちょっと記憶に焼き付けてもらいましょうよ。

心に引っ掛けてもらいましょうよ。

「そのためには、お店にもうちょっと興味を持ってもらう必要がありますよね」

っていう、ステップです。

 

3.来店(購入):勇気を出してお店へアプローチしてもらう

お店に興味を持った。

何となく気になる存在にもなった。

だけど、、、まだ来店してくれていない人は、いっぱいいるはずです。

・・・もう、一歩。

 

「入店するのが、怖いのか、、、」

「ある、っていうのは知ったけど、そこまで止まり、、、」

色々と何か目に見えない何かがあると思うんだけど、もう一歩。

 

ドアを開けてもらう、、予約してもらう、、、問合せしてもらう、、、

一押しをするためには、どうすれば?

 

「お客さんに勇気を持って(…要らないかもしれないけど)、お店へグッと近づいてもらう。

 そのためには、どんなコトをすればイイんだろう?」

そこを考えるステップです。

 

4.リピート:気に入ってもらって、もう1度利用してもらう

さぁ、来店もしてもらった。

商品も購入しもらった。

ひと安心、、、では、イケないですよね。

何かモノ足りない、、、ですよね?

 

せっかく勇気を持って来店してもらった。

商品を購入してもらった。

・・・んだから、それだけで終わるんじゃなくて、さらに、、、もう1度利用してもらう。

 

1度利用してもらったんだから、お店のコトを知ってもらっている。

だから、もう1度来てもらうには、(初めての人よりも)比較的ハードルも低いはず。

 

「じゃあ、どうやったら、もう1度そのお客さんは来て(購入して)くれるのか?」

そのためにできるコト、それを考えるステップです。

 

 

・・・と、以上が頭の中をシンプルに、ヤルベキことを明確にしてくれる。

そのために役立つステップです。

 

このステップに当てはめながら、そこで何をすればイイのか?

どんな販促物をつくれば活用できそうか?

こんな視点で、アイデアを出していく。

 

昨日もサポートに入った、ある喫茶店でお店の方と一緒にやったステップです。

ステップ1.の認知に取り組んだんですけどね。

次回の訪問からは、ステップ2.と3.にも着手していこうと話をしています。

コレやると、けっこう行動アイデアが出てきますよ。

 

 

 

まずは無料で学ぶ

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。