伝え方の極意とは?「どんなメッセージで お客さまの心を動かせるのか?」

「フェイスブックとかでも使えそうですね」

よくいただくお声の1つです。

講座を受講くださった方が
同じようにおっしゃいます。

例えば、私がお伝えする
POPコミュニケーションは、

伝え方の極意です。

いかにお客さまの心を
動かすことができるか?

どう伝えれば
興味を示してくれるのか?

どんなメッセージを発信すれば
お客さまは喜んでくれるのか?

POPコミュニケーションの神髄でもあります。

これらを腑に落とすことができれば

フェイスブックであっても、
ホームページであっても
ブログであっても、活かせます。

ホームページを通じて
お客さまに特別な感情を抱いてもらえますし、

その後のサービスやお問合せに
繋がりやすくなります。

「このお店(会社)は他と違う」

と思ってもらえたり、

特別な親近感を感じてもらう。

そして購入や来店、問い合わせに
繋げることは可能だと思っています。

例えば、発信者の『存在』を伝える、

講座を受講くださった
方ならご存知かもしれません。

POPコミュニケーションの原則の1つです。

SNSであってもホームページであっても、

「そのメッセージは誰が伝えているのか?」

が感じられる内容でなければ
相手には響きづらいです。

ホームページであれば
代表者や社長のあいさつのような
ページがありますよね。

じっくり目を通しますか?

おそらく多くの方が
右から左へスルーじゃないかと
思うのです。

なぜなら、読んでも面白くない。

在り来たりのことしか
書かれていない。

そんな気がするからです。

なぜ、お客さまはそう思うのか?

代表者や社長さんの
存在を感じないメッセージに
なっているから

だと思います。

どこかで読んだような
味気ない内容になっている。

だからスルーされるのです。

これは、代表者のあいさつに
限った話じゃないですよ。

チラシであっても
お便りであっても同じです。

「分かりました、臼井さん
手書きにすればいいんですね!」

よくおっしゃられるのですが
ちょっと違います。

手書きとかパソコンの文字とか
そういう問題ではありません。

『メッセージを通じてしっかりと
発信者の存在を伝えられているか?』

が問題なのです。

そういう意味で言うと、

POPを通じて何を学ぶのか?

インパクトのある言葉や
反応のとれるフレーズではなく

相手に響くメッセージとは
どういうものなのか?

を知って、

どのようにして相手に響く
メッセージをつくればいいのか?

その方法を『体系的』に
学ぶことでもあります。

相手に響く、
相手の心を動かすメッセージとは
どういうもので、

その生み出し方が分かれば、

ホームページであろうと
チラシであろうと
ブログであろうと

共通して結果が出せるというわけです。

言葉やフレーズではなく
伝え方の方法の1つとして
POPを学ぶと

販売や集客の幅が広がると思います。

「どんなメッセージを伝えれば
お客さまの心を動かせるのか?」

全てのご商売やお仕事において
必要不可欠ではないでしょうか。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。