前年比売上131%を1か月で達成した従業員さんが取り組まれたこと

「臼井スクール生として
事例になりたいんです」

数か月前、こんな言葉を
いただきました。

あるお店の従業員さんからです。

お会いするたび深々と
頭を下げてご挨拶くださる
律儀な方です。

ほんとこちらが恐縮するほどです。

その従業員さんが
わずか1か月で前年比131%の
売上を達成されました。

今回の事例をお聞きになると
集客の発想転換になると思います。

集客の幅が広がるというか…

お客さまの集め方に
新しい考え方が生まれると
思うのです。

ただ一概に

「お客さまを集めたい」

では叶わないと思います。

例えば、

1:どこの?
2:誰を?
3:どのようにして集めるか?

体系的に考えることで
成功確率は上がります。

具体的に何をすればいいか?

実践策も明確になりますし
数字にも落とし込めます。

数字で見えるようになると
取り組みが上手くいってるのか?

上手くいないのか?

判断できます。

次の一手を打てるようになります。

逆に、

「今の取り組みを継続していいのか?」
「やり方を変えた方がいいのか?」

その判断ができないと
おっしゃる方は多いです。

ご自身のエネルギーと時間を
どこに投入すればいいのか?

迷われるんですよね。

間違った方向に労力を
注ぎ込みたくないですからね。

今回の主人公の従業員さんは
何に取り組めばいいか?

明確でした。

事前に進むべき方向が定まったので
実践アイデアも具体的でした。

数字にも落とし込めました。

結果、前年比131%という
従業員さんが取り組める範囲内で
最高ともいえる数字を出せました。

取り組まれた事は様々ありますが
しいて1つ挙げるとすれば、

集客の『発想転換』です。

集客をいつもと違う角度から
考えることで新しい一手が見えてきます。

さてこちらの従業員さんは
一体どんな取り組みをされたのか?

1か月で売上3割アップを達成した
取り組みはどんな事だったのか?

こちらからご覧ください

○集客の発想転換

今まで通りのやり方、考え方では
結果は変わりません。

違った角度から集客を考えることで
風穴をぶち破れます。

ぜひ、あなたに当てはめてみてくださいね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。