【美容院さんの事例】集客に困らない繁盛店が閑古鳥の鳴くお店へ真っ逆さま

なかなか難しいのですが、

「長い目で物事を見れれば
状況って変わるだろうな」

感じる事が多いです。

今の目の前だけでなく
もう少し長いスパンで物事を見られれば、

心に余裕が生まれるというか、、

状況ってもう少し
上手くいく事も多いのでは?

思わせてくれる方がいます。

美容院を経営される
男性オーナーさんです。

4~5年のお付き合いになる
会員さんです。

ブログやメルマガでも
よく話をさせてもらっています。

その会員さんとお会いするたびに、

「ちゃんと実践していれば結果は変わる。
今からでも遅くはないんだ」

と思わせてもらえます。

ご縁をいただいた当初は、
正直かなりしんどい状況だった、

と思います。

「1日に来店されるお客さまは
何人いらっしゃるのだろう…」

お互い口には出しませんでしたが
そのような状況でした。

ただ実はその会員さんは
10年くらい前は、集客には困らない
かなりの繁盛店だったそうで。

(その時のことは知りません)

チラシを撒けば必ず集客できる。

一人でお店をまわしていたので
接客も雑になるほどの
来店者数があったそうです。

しかし、

「どうせ、お客さまは
来てくれるんだし」

気持ち的に驕りが芽生え

そんな姿勢はお客さまにも
しっかりと伝わりました。

次第にお客さまは減っていき、
気が付けばエライことに。

精神的にもしんどくなって
お酒に走ったこともあるとも
おっしゃっていました。

そんな折にご縁をいただきました。

振り返ると、様々一緒に
取り組ませてもらいました。

・来店後の手書きの感謝ハガキ
・定期的なアプローチレター
・チラシ
・ポスティング、、、

もちろん全部が上手くいった
わけではありません。

チラシを折り込んだけど
結果が出ないこともありました。

ただ、その会員さんが凄いな
といつも勉強させてもらうのは
しっかりと継続されることなんです。

手書きの感謝ハガキも
ご縁をいただいた4~5年前から
今もずっと続けられています。

ポスティングは、現在のメインの
集客導線です。

チラシで集客し、来店された
お客さまの実に90%以上の方が
店販商品を買われると言います。

(店販とはシャンプーや化粧品の販売です)

会員さんの話っぷりから、

かなり自信を持たれているのが
伝わってきます。

次は自社サイトを起ち上げられます。

手書きの感謝ハガキから始まり
チラシ、ポスティング、POP、、
そして、ホームページ。

この4~5年の間に
着実に前進されています。

こうして言葉で聞くと

「そうなんだよな、
しっかり継続すれば伸びるんだよな」

と思えるのですが
普通は4~5年のスパンで物事を
見るのはなかなか難しいです。

「4年後、こうなれる、
だから今頑張ろう」

とはなりづらいと思うのです。

しかし、やれば着実に前進できる。

未来は変わる。

会員さんとお話をさせてもらうたび
実感させてもらっています。

…一気にワープはできないと思います。

今やっている事を信じて
目の前のことに100%全力で取り組む。

綺麗ごとで、どこでも語られているような
話になっちゃいますが
結局はそこしかないよな。

自分に言い聞かせる意味を込めて
書かせていただきました。

まずは無料で学ぶ

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。