『ありのまま』のあなたでいい。情熱を持てることを発信してみよう

「ありの~ままで~…」

何年か前にアニメ映画が
流行りましたよね。

「アナと雪の○○」

うちの娘も大好きで
部屋に3種類くらい出来上がった
パズルが飾ってあります。

現状を突破したければ、
今のままではダメ。

だけど、ありのままで良い、

そんな風に思っています。

未来を変えたければ
何か今と違うことをするなど
変化が必要です。

しかし、ありのままの自分でいい。

何かややこしいですが
ここが腑に落ちるとパワーが出ます。

例えば、飲食店を経営される会員さんと
電話でやり取りをしていたときのこと。

毎月やり取りをさせてもらう会員さんです。

話をさせてもらう中、

こんな話題になりました。

会員さん:
「臼井さん、最近
力が入ってるものがあるんですよ」

臼井:
「えっ、何ですか?」

会員さん:
「かつおの削る機械なんですけどね
3年前から欲しいと思っていたんです」

このお話を聞いたとき
結構、笑えたんです。

だって、

文字にすると伝わりませんが、

結構マジに話されるんですよ。

(よっぽど欲しかったようです)

「削りたてのかつお節で
冷ややっこ食べたら美味いですよ」

「卵かけご飯にもいけるんです」

話を聞かせていただくうち
熱意が伝わってきて。

お話の途中から、あることが頭の中に…。

その話をすると会員さんも
同じように考えられていて、

「じゃあ、それでいきましょう」

あっさりGOサインが出ました。

3年前から、かつおの削り器が
欲しかった会員さん。

そして、ついに手に入れた。

削り器をつかって
こんなお料理も出してみたい。

会員さんの想いをチラシで
伝えることになりました。

「はい、頑張りますね」

かなり力が入っている様子が
お声から伝わってきました。

例えば、チラシにしても、POPにしても
フェイスブックにしても、

何か特別なことを伝えないと…

感じますよね。

自分も最近また新たに
フェイスブックを再スタートして
切に感じます。

ただ、こうして会員さんと
やり取りをさせてもらって思うのは、

「1番響くメッセージって、何か?」

本人の熱が入る話だと思うのです。

熱の入っている話なら
すらすら伝えたい事も出てきます。

メッセージも自然体になるはずです。

素の言葉だから
周囲にも届きやすくなると思います。

何かに憧れて…
何かのようになりたくて…

勿論、大切です。

ただ、自己を発見し
自己に徹する強さには何も敵わない。

『ありのまま』のあなたが
最強の武器だと思います。

あなたの情熱が持てること、

周囲を気にせず
発信してみませんか?

新たな世界が待っているかもしれませんね。

まずは無料で学ぶ

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。