迷いを断ち切る方法

臼井です、

人に騙されたことありますか?

親戚にお金をだまし取られた…

教材を買ったら
説明と全然違う内容だった…

個人的には、
騙されそうになった時、

「GO!なのか?
STOP!なのか?」

「この講座を受講した方がいいのか?
騙されてるのか?」

選択に迷ったときは
ある方法で解決しています。

大抵の迷いは断ち切れます。

商売繁盛のカギは人間性を磨くこと?

身近なことでいえば、
何か買い物をするとき。

例えば、電化製品など
ちょっと高めの買い物をするとき、

どの商品を買おうか?

迷ったりすることないですか?

以前、自宅に浄水器を
付けようとしたんです。

浄水器なんて全然詳しくないから
ネットでいろいろ調べてたんです。

でもよく分からない。

それでも無理矢理
2~3社の商品に絞りました。

そして最後、
決め手になったのは
製品のメーカーのホームページへ行き

「どんな会社なのか?」

調べたことでした。

この会社の商品にしよう
一発で決断できました。

実はこんな経験、何度かしています。

製品だけでは比較のしようが無い。

そんな場合は製品を作っている
会社や人を見る。

「どんな思いでやられているのか?」

企業理念とか言うと大げさですが

「なぜ、会社を存在させているのか?」

個人でいえば、
「なぜ今の仕事をされているのか?」
を知ると、大体は分かる。

『何か選択に迷ったら
人を見て判断しよう』

そう思っているんです。

個人の好みもあるので
何とも言えませんが、

お客さまは商品そのものだけでなく
内面を見ている。

見た目や外観だけでなく
商売やお勧めしてくれる『人』を見て
判断している。

そう言えるんじゃないか、と。

二刀流のメージャーリーガーとして
活躍する大谷選手。

日本ハムファイターズ在籍時の
監督だった栗山さんは、

「野球ももちろんだけど
人間性を磨くことを特に話した」

という話を聞いた事があります。

ビジネススキルを磨きたい。

その一方で
人間としても成長したい。

そんな風に思う自分がいます。

人間性を磨けばビジネスも成功する
とは言いたくありません。

それを逃げの口実にしたくありません。

ただ、ビジネスを成長させる
と同時に人間磨き、

この両立を目指したいな
今はそんな風に思っています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。