手書きPOPの台紙のひと工夫~メッセージは変えず、与えるインパクトを変えるには?

 

art-supplies-957576_640

 

あなたは、手書きPOPをどんな用紙に書かれていますか?

 

白のコピー用紙ですか?

厚紙ですか?

 

…あと、色はどんなのを使われていますか?

素材は、、、?

大きさは、、、?

 

実はすごく当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、

手書きPOPを書く台紙。

ここにも色々な工夫を加えれます。

 

そして、そのちょっとした工夫次第で、あなたの独自性を創りだすこともできるのです。

手書きPOPの台紙の一工夫。2つの方法とは?

手書きPOPの台紙の一工夫にも色々とあります。

今日は、そのうちの2つをお伝えしましょう。

1.重ねてみる

たとえば、僕が手書きPOPセミナーや研修をする際。

主催者の方には、POPを書く紙と色画用紙をご用意いただいています。

(マジックとかもだけど)

 

セミナーのなかで、手書きPOPを書くワークがあるじゃないですか。

そこで書かれたPOP。

それを、

  • 白い紙で書かれたままにする
  • 色画用紙に重ねて貼る

たったこれだけの違いで、雰囲気は変わります。

 

パン屋さんの手書きPOP

設置後、売れ数が700個から1,000個以上に伸びたパン屋さんの手書きPOP

 

かわいい字や装飾をしなくても、色画用紙に重ねる。

それだけで、見映えがします。

そして、強度も補強される。

重ねて厚くなる分、売場でヨレヨレになりにくくなるのです。

そして、さらに目立ちます。

2.縁取ってみる

つづいて、もう1つの手書きPOP台紙の一工夫。

それは、「縁取り」です。

 

あなたが書かれた手書きPOPの台紙のまわりを、縁取ってみるのです。

たとえば、こちらのPOP。

 

手書きPOPの事例 飲料

 

 

以前、ぼくの手書きPOPのセミナーを受講された方が、書かれたものなんですが。

 

書かれているメッセージも素晴らしいのですが。

まずはPOPのまわり、こっちをご覧になってみてください。

 

…いかがですか?

 

縁取りをされていっらっしゃるでしょう。

そして、その縁取りのおかげで手書きPOPの雰囲気が違って見えませんか?

 

こちらは、マスキングテープをつかわれています。

マスキングテープをPOPの台紙のまわりに貼られています。

その効果で、目立っていますよね。

メッセージは変えずに、与える印象を変える

こんな風に手書きPOPの台紙。

ここもちょっとした工夫を加えることで、ずいぶん雰囲気が変わってきます。

書かれるメッセージは同じでも、与える印象が違ってきます。

 

…まぁ、この辺りはどちらかいうと、女性の得意な部分かもしれませんが。

やられてみると結構楽しいですよ。

 

 

ということで、今日は手書きPOPの台紙の工夫。

  1. 重ねる
  2. 縁取る

参考までに、2つの事例をお伝えいたしました。

 

繰り返しになりますが、今日の工夫は、

「メッセージを変えずに、与える印象を変える」取り組みです。

 

コストがそれほどかかるわけでもなく。

だけど、見た目や独自性を生み出せる部分になってきます。

ぜひ、トライされてみてくださいね。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。