【動画】この手書きPOP、響くポイントは?

 

girl-1488663_640

 

「お客さまの立場になって考える」

僕たちモノを売る世界でよく言われる言葉ですよね。

 

でも、これって、、、結構難しくないですか?

 

確かにお客さまの立場になって物事を考える。

販促物を使うにしても、お客さま目線でメッセージを考える。

すごく重要です。

そして、すごく難しいですよね?

 

実は、手書きPOPにもこれは当てはまるんですけど、

  • お客さまが考えていること
  • その商品ついて聞きたいこと
  • 興味を持っていること

これらをメッセージにして、伝えてあげる。

もう、ほんと欠かせない重要なポイントです。

 

そこで今日は、この大事だとは分かっているけど、いざ実行するのが難しい。

「お客さまの目線で考える」

これを実践できるヒントになる話をします。

 

というか、文字にすると、いまいち伝わりにくいので、話します。

動画でお伝えします。

 

手書きPOPを書く上でもポイントになる、

「お客さま目線になる」

これをどうやってすればいいのか?

動画で紹介している手書きPOPからヒントを得てみてください。

では、どうぞ。

考えてみよう、このPOPの響くポイントは? 

 

4分19秒の動画ですのでね、

ご覧になって、動画で話していることを一度考えてみてください。

「お客さま目線になる」

このヒントが見つかるのでは?

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。