【販促物の効果】一度に大勢の人にアプローチできる

 

一度に多数の人にアプローチできる。

これって、販促物のメリットの1つです。

 

お客さま一人ひとりに商品の話をしていたら、ものすごい労力。

だけど、販促物をつかえば、一気にたくさんの人に話ができる。

コミュニケーションがとれる。

そんな販促物の良いところがあります。

 

…もう今から15年くらい前になるでしょうか。

僕も当時働いていた産直店で実感しました。

 

というわけで今日は、販促物をつかうと一気に多数の人(お客さま)にアプローチできる。

そんな販促物のメリットの話をします。

ただ、販促物といっても、PR(販促)する相手はお客さまじゃありません。

取引先。商品を送ってくれていた生産者さんです。

 

産直店

当時、働いていたお店~写真が残っていた

特に、仕入がタイヘンだった

本題に入る前に少しだけ、前段の話をします。

 

僕は大阪の小さな小売店で働いてました。

正社員2名のほんと小さなお店です。

そこは産直店で、生産者さんから直接野菜をもらう。

その野菜を販売させてもらう。

それがウリのお店だったんですね。

 

生産者さんから送ってもらっていた野菜には、2つの取引の仕方があって。

  • 「買い取り仕入」
  • 「委託仕入」

の野菜です。

 

買い取りっていうのは、従来の仕入れですよね。

お店がその商品を買いとって仕入れる。

 

もう一方の委託仕入は、商品を買い取るんじゃなくて売れた分だけ仕入を起こす。

その分だけ、生産者さんに支払いをするやり方です。

ある意味、お店にリスクはない仕入れ。

道の駅やお土産店さんなんかは、この委託販売が多いんじゃないでしょうか。

(前職、僕が営業していた時なんか、そうでした。)

 

っで実は、いま話した後者の委託仕入。

これが、僕にとっては大変だったんです。

 

…って、何が大変か?

 

売れたモノだけ支払をする。

お店にリスクのない販売の仕方なのに、何がなのか?

 

それは、仕入数量をコントロールできなかったことなんです。

委託販売の商品っていうのは基本、生産者さん主導。

生産者さんが、

「今日は、何を送るのか?」を決める。

量も、価格も、種類もね。

だから、お店に送られてくる野菜の数もこっちじゃ、コントロールできない。

生産者さん任せだったんです。

「いやいや、そんなに売れない」って、、、

例えば、

「今日はキュウリがいっぱい採れたから全部送っちゃえ」

みたいなことだってあるわけで。

逆に、全然採れなかったら、仕入れも少なくなって。

お店の売場に並ぶ野菜も減ってしまいます。

 

そう、お店側で、仕入れ数をコントロールできないっていう課題があったんです。

 

…夏とかになるとスゴイですよ、

もう、お店中、キュウリだらけ、、、ナスだらけ、、、オクラだらけみたいなことになるんです。

生産者さんが一斉に送ってくださるから。

放っておいても、キュウリやナスは畑でなるから、とりあえずお店へ送っちゃえ!!

みたいな感じでね。

(たぶん、、、直接生産者さんに聞いてないから想像になるけど)

 

っで、売り切れないくらいの数のキュウリがお店にくる。

ナスがくる。

ズラーーーって、陳列棚に並びます。

 

もう、お店は「キュウリ祭り!」「なす祭り!」状態です(笑)

だって1日の来店客数より多い、

「誰がこれを買うの?」

っていう数がお店に並びます。

(一体、誰がこんなに買うの!?っていうくらいの数が)

 

…委託販売なんで、野菜が傷んでロスになっても、イチオウお店には被害はないんだけれど。

気分的にいいもんじゃなくて、、、。

だって、ほぼ毎日新しい野菜が送られてくる。

鮮度重視のお店。

必然的に、古い野菜は処分しなくてはイケなくなる。

せっかく送ってもらったお野菜を、ゴミ袋に入れるときのあの気持ち。

ほんとキツカッタです。

 

「なんとかして、売れる方法はないだろうか?」

「野菜がムダにならない方法はないだろうか?」

当時の素人同然だった僕なりに、いっぱい試行錯誤しました。

 

っで、その時思いついた方法が1つあったんです。

「そうだ、直接伝えよう!」

って、生産者さんにお手紙を書いたんです。

生産者さんへのラブレター

それが、こんなレター。

 

初めて手書きで書いた手書きのお便り

生産者さんへ向けて書いたお便り(人生初)~にしても、見た目まったくなってない(笑)

 

FAXして、これを野菜の集荷場に貼ってもらうようにしたんです。

(集荷場っていうのは、絶対に生産者さんが集まる場所なのでね)

 

内容的には、

  • 今のお店の状況
  • 売れているモノは何か?
  • 売れにくいモノは何か?
  • 野菜を傷みにくくするパック詰め方法
  • 売れやすいパック詰めの方法
  • 妥当な価格設定 など

を書いて、毎月、送るようにしました。

 

すると、これが中々うまくいったんです。

生産者さんに喜んでもらいました。

 

結果、なにが起きたか?

 

お店に電話がなるようになったんです。

「・・・今、何が売れてるの?」

「・・・●●(野菜名)を出そうと思っているんだけど、価格はいくくらいがいい?」

って、生産者さんから聞かれるようになった。

 

以前だったら、こっちからひとり一人に電話をかけてたんです。

なのに、この手紙を貼ってもらうようになってから、生産者さんから聞いてくれるようになった。

これには、僕も驚きました。

「1枚の紙」で、「複数の人」に効果を出せる

結果、こちらが欲しい野菜を送ってもらえるようになりました。

野菜の袋詰め1つにしても、工夫してもらえるようになりました。

「売れる野菜」が増えました。

レターを送ることで、コミュニケーションが活性化されました。

 

当時これを書き出すときには、想像もしてなかった広がりでした。

 

 

今回お伝えした話は、お客さまへの販促の話じゃありません。

取引先である生産者さんへのアプローチです。

なんだけど、「伝える」効果をもろに実感した話。

そして、ここから僕が思ったのは、

「1枚のレターがこんなに効果あるんだ」って。

 

要は、1枚書くだけで、多くの方に伝わるっていうことです。

お客さまに伝えたいことがあれば、何か紙に書いてみる。

お店の売場に1枚貼ってみる。

 

お店に来られたお客さまは、全員とは言わないけど見てくれる。

「1枚の紙」で、「複数の人」に効果を出せる。

大きいな、と。

 

お客さま一人ひとりに商品の話をしていたら、ものすごい労力。

だけど、販促物をつかえば、一気にたくさんの人に話ができる。

コミュニケーションがとれる。

これって、販促物の大きな大きなメリットの1つです。

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。