「手書き」書体を販促物に活用して目立たせる方法

 

今日は、少しテクニック的な話です。

「魅せ方」の部分。

手書きPOPやニュースレター、チラシを見たときにパッと目に留まる。

そこを実現するための「手書き書体の活用法」です。

手書き書体が入ると、目に留まりやすく

販促物のコーチングに入ると、決まってこんな質問をされます。

 

「この手書き、どうやっているのですか?」

 

僕が毎月発行しているニュースレターを1つの事例としてお見せする。

その紙面の中には、「パソコン」と「手書き」の書体が入り混じっているんですね。

 

記事の本文自体は、パソコン書体がメイン。

そして、コーナータイトルや所々のキーワードに「手書き」書体をつかっています。

 

「パソコン」と「手書きし」書体がミックスした僕のニュースレター

「パソコン」と「手書きし」書体がミックスした僕のニュースレター

 

紙面全部を手書きにする方法もあるんだけど、こういうやり方もアリです。

 

メインは、パソコン書体。

目立たせたいところだけ、手書き書体をつかう。

すると、手書き書体のところが目立つんですね。

読んだ方の目に留まりやすくなるんです。

どうやって「パソコン」と「手書き」書体をミックスするか?

やり方は、カンタンです。

僕みたいにイラストレーターなどのPCソフトを使えなくてもデキる方法です。

 

  1. 手書きで文字を書きます
  2. スキャンする
  3. 画像データとして処理する

この3つのステップです。

どうですか、カンタンでしょう!?

 

書きたい文字、文章を白紙に書く。

筆文字でも、マジックでもOKです。

それをスキャンして、画像データとして処理します。

っで、そのデータをニュースレターや手書きPOPの紙面に(データとして)貼り付ける。

これだけです。

 

あと、今お話したやり方でも

「パソコンのつかい方が分かりづらい、、、」

という方の場合。

 

書類をつくるときに使うWORDのソフトだったら、比較的使えるでしょう?

それを使う方法で。

まずはWORDでニュースレターにしろ、紙面を先につくる。

っで、あなたが手書きにしたい箇所(コーナータイトルやキャッチコピーなど)は空白で空けておくんです。

印刷する。

印刷された紙面の空白箇所に、手書きで直接書き込む。

あとは、コピー。

 

これで、「パソコン」と「手書き」書体が混じった販促物がつくれます。

 

手書きPOPにしろ、ニュースレターにしろ。

「パソコン」書体だけだと味気ない。

かといって、「手書き」書体ばかりだけだと、ゴチャゴチャして読みづらい。

そんな風に思われるなら、両方の書体をミックスさせると、

  • パソコン書体のスッキリ感
  • 手書き書体の目に留まり感

相乗効果が生まれますね。

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。