POPの台紙の選び方

 

POPにかかる費用に若干の違いがありますが、

「お店の雰囲気に合わせてPOPの台紙の種類を選んでいく」

たったそれだけのことを意識してみるだけで、POPの効果をあらためることができるんです。

・・・台紙って、意識されています?

今日はいつもと違った角度から、手書きPOPについてお伝えしますね。

ではまず、あなたのお店に貼られているPOPを見てください。

(今、お店にいらっしゃらなければ、明日でもいいんで。

 お店に行ったとき、今から話すことを思い出してみてくださいね)

 

1つだけではなく、いくつかのPOPを見比べるような感じでね。

・・・いかがですか?

“POPの台紙や文字の種類、それらの色や大きさは、どのようになっていますか?”

 

「えっ!? 色も大きさもバラバラ?

 筆ペンで書かれていたり、マジックで書かれていたり!?

 紙の種類なんて、まったく気にしたことがない?」

 

う~ん、黄色信号かも、、、。

ちょっと心配。

「POPに書く内容はもちろんですが、そのPOPがお店でどのような状態で貼られているか?」

という見せ方の部分。

ココもすごく大事なポイントになってくるんですよ。

 

2014030701

台紙をナナメにずらすだけでも雰囲気が目の留まり方が変わる

 

手書きPOPの台紙の種類を意識してみる

例えば、書く台紙に注目をしてみると、、、紙の種類。

  • どこのお店にでもある白いコピー用紙
  • 女性が好きそうなカラフルな色画用紙
  • 風合い、味わいを出すことができる和紙
  • 商品が入っていた段ボールを切って、そのまま使用

 

パッと思いついたものだけでも、色々と出てきますよね。

POPにかかる費用に若干の違いがありますが、“お店の雰囲気に合わせて紙の種類を選んでいく。

たったそれだけのことを意識してみるだけで、POPの効果をあらためることができるんです。

 

野菜や果物を売っている青果店では、和紙などを使って高級感を持たせることもできます。

だけど、むしろ野菜が入っていた段ボールなどに直接、POPを書いていく。

そうすることにより、

「今、届いたよ!」

と言わんばかりの直送感が出てきて、新鮮味も増しますよね?

 

あとは、POPの台紙や書かれた文字の色によっても、お客様に与える印象は大きく変わってきます。

また話し出すと長くなっちゃうんで、この話は別の機会にお伝えしますね。

POPの台紙ひとつでも、伝わり方や雰囲気などお客さんへの印象が随分とかわってきます。

意識してみてくださいね。

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。