即実践!一工夫するだけで結果が変わる、即効性の高いPOP実践法

 

じゃっかん胡散くさいタイトルになっていますが(笑)

今日はスゴく実践的なお話をします。

手書きPOPで成果を上げる、

もっとも手っ取り早い(…というと言葉悪いですが)、今スグ実践できる。

即効性の高い方法をお伝えします。

 

たとえ、字に自信がなくても、、、

絵やイラストが描けなくても、、、お客さんの目を留めるPOPをつくる方法です。

 

いま僕のお気に入りのアイデア出しセット~ノートにも意識を向けてみました

いま僕のお気に入りのアイデア出しセット~万年筆とノートの書き味がイイ

 

誰でも、今すぐデキる目を留めるPOPのつくり方

お客さんの目を留める。

というと、インパクトのあるフレーズ、キャッチコピーで!というのが頭に思い浮かぶと思うんです。

…が、インパクトのあるキャッチコピーを考えるのって、かなり難しいです。

 

今日お伝えするのは、もっとカンタンなやり方です。

その方法はスバリッ!

「POPのサイズを大きくする」。

ここなんです。

 

エッ!?そんなこと?

拍子抜けした!?(笑)

僕はいたって真剣ですよ。

 

手書きPOPを書いている。

だけど、イマイチ成果に繫がっていない、、、

もしもそんな状況だとしたら、今まで書いていたPOPよりサイズを大きくしてみましょう。

POPを大きくする、というのは台紙サイズを大きくです。

今売場に並んでいるPOPの大きさがハガキサイズくらいなら、A4サイズの紙に書いてみる。

 

っで、サイズを大きくすると良い、その理由はなにか?

…目立つようになる、っていうのがまず1つ。

しかし、それよりもっと大きい効果があって。

それは、「あなたのオススメ度合が高まる」ということです。

 

その他の商品の手書きPOPは、ハガキサイズくらい。

なのに、この商品だけA4サイズで他より大っきくなっている。

お客さんからすると、

「この商品は、よっぽどお店の人が売りたい商品なんだ」

「今、買った方がイイお薦めの商品なんだ」

って、映るいうことです。

 

なのでPOPをつくるときは、あなたが1番お薦めしたい商品から実践していくのがおすすめです。

 

  1. お店で1番オススメしたい商品をピックアップ。
  2. A4サイズの紙を用意。
  3. どうして、その商品をお薦めするのか?あなたの言葉で書く。

正直なコトバで伝えるのがポイントですよ。

ありきたりなメッセージじゃ、だめですからね。

 

これが、たとえ字に自信がなくても、、、

絵やイラストが描けなくても、、、お客さんの目を留める、成果の上がるPOPが書ける方法です。

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。