ここをシンプルに考えると、手書きPOPはスムーズに書ける話

 

手書きPOPづくりには、2つの作業があります。

  • 中身を考える作業
  • 魅せ方を考える作業

この2つです。

ここを踏まえておくと、POPづくりが随分とスムーズになってきます。

 

「手書きPOPをつくりたいけど、うまくいかない、、、」

そんな時には、少し意識してもらうと手書きPOPがつくりやすくなる。

今日は、そんな話です。

 

七夕のお願いしましたか?うちは、娘がしてくれました~「れくさすがとどきますように」って(笑)

七夕のお願いしましたか?うちは、娘がしてくれました~「れくさすがかえますように」(笑)

 

手書きPOPをつくる、2つの作業

手書きPOPをつくるというと、結構むずかしく考えてしまうんだけど。

シンプルに考える。

あんまり複雑に考えない。

先ほど話した、2つの作業にフォーカスしていきます。

1.中身を考える作業

文字どおり、手書きPOPに書くメッセージを考える仕事です。

  • どんなことを書けばいいのか?
  • お客さんが喜んでくれそうか?

いろいろとメッセージになりそうな文章を考えていきます。

 

この作業でのポイントは、体裁をあまり気にしない。

まずは、メッセージにつかう材料をたくさん出すことに注力する。

ここが肝です。

箇条書きでも何でもイイので、どんどん量を出していく。

2.魅せ方を考える作業

こちらは、手書きPOPの体裁を整える仕事です。

  • (先程1.でつくった)メッセージを整える
  • レイアウトを考える

この作業です。

「どんな風に見てもらうと、1番お客さんにとっていいか?」

を考えます。

 

1.で出したメッセージの材料を具体的に文章としてつなげていく。

その際、レイアウトが決まっていると、メッセージの長さを決める目安にもなってきます。

 

この2つの作業を終えれば、清書。

POPの台紙を用意して、そこに書きこんで仕上げます。

ここを整理すると、手書きPOPはスムーズに進む

「手書きPOPがうまく書けない・・・」

というケースでは、今お伝えしたことがゴッチャになっている。

そんな場合が多いんです。

 

まず、

「自分は、どっちの作業がうまくいっていないんだ?」

ということを把握する。

そして、解決していく。

もしくは、

「ヤバい!両方ともうまくいっていないんだ!」

という場合には、どっちから片づけていくか?を決める。

 

2.のレイアウトを決めたりする作業は、比較的スムーズにすすみます。

大抵の場合、1.の内容が課題になることが多いです。

なので、メッセージの材料出しを先におこなっていく。

その方が手書きPOPはデキやすいです。

 

・・・僕自身、セミナーをするたび、この話をよくお伝えしているんです。

今日も午後からあるので、参加者さんにしようと思っています。

 

というわけで、手書きPOPをつくるときには、

  • 中身を考える作業
  • 魅せ方を考える作業

この2つを分けて考えてみましょうね。

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。