【手書きPOP事例】●●●を出したことで、注目度が上がった

 

以前、こちらのブログでも告知した

手書きPOP事例おすそ分けキャンペーン】。

手書きPOPの事例を提供してもらい、その提供してくださった方同士で共有する。

そんなイベントをしているんですね。

今、僕の方でまとめて、小冊子の印刷準備中です。

 

っで今日は、そのいただいた事例の中からおひとつPOPをおすそ分けします。

(ご提供者の方にご了解をいただきました)

販売数を出したことで、お客さんの注目度が上がった事例

まず先に、ご提供いただいたPOPからご紹介させてもらうと。

こちらです。

 

20150413

福岡県で理容院をされる山中知規さんからいただいたPOP事例

 

 

他にも何枚もいただいているんですけどね、

その中から、1枚ピックアップさせていただきました。

こちらのPOPをご提供くださったのは、福岡県で理容店を営まれている山中知規さんです。

 

でね、POPをお送りくださった時に、山中さんからメッセージもいただいているんですね。

 

当店での販売数を出したことで、お客様の注目度が上がりました

販売数としては少ないかもしれませんが、表に出すことにより、安心感があるのかもしれません

これを出して、バタバタと30本追加売れ、現在210本になりました。現在数字の入れ替え準備中です

数字(定量的)で確認できるのって、安心につながるのだと思う

現在売れている数をPOPで出された。

すると、お客さんの注目度が上がった。

山中さんのメッセージに、そう書かれていらっしゃいます。

 

たしかにそうですよね、

お客さんが販売数を目で(定量的に)確認できることで、

「この商品、売れているんだ」

って、感じになりますよね。

(僕だったら、そうなる)

 

そうすると、自然とこの商品が気になる。

っで、お店の方に詳しく聞いたりすると思う。

「この商品って、けっこう売れているんですか?」とか、

「どんな風に効くんですか?」とか。

 

結果、こちら(お店側)からその商品についてプッシュしなくていい。

お客さんから聞かれたことに答えればイイ。

そんな流れになるのかな、って僕なりに思いました。

 

だって、

「この商品、売れててね。今、180本売れているんですよー」

なんて、コトバで言われるのとは感じが全然違いますよね。

言われると、、、だけど、書かれているのを読むのは妙に説得力があるじゃないですか。

そのあたり、お客さんって敏感ですもんんえ。

 

今回ご提供いただいた山中さんのPOP、

すごく参考になるのじゃないかなー、って思います。

他のいろんな業種でもね。 

山中さん、事例のご提供ありがとうございます。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。