手書きPOP実践Step4.「ペンを決める」‏

 

「字を書くの苦手だから、、、自信ないから、、、」

って言われて、

手書きに躊躇されていませんか?

 

実は、上記のような方、ものすごく多いんです。
手書きPOPの反響に字のうまいヘタは関係ない。

これは、僕がずっと言い続けていることです。

だけど、実際のところは、、、

字に自信がなくて、、、っていうお話にも、すごく共感します。

 

・・・あなたが気になっていなければ、いいんだけれど。

もしも、人前に出すPOPに自分の手書きを書くなんて、、、

って、手書きに抵抗があるのなら。

 

書くペンを工夫してみては?

 

僕は、産直店時代から手書きPOPを書いてました。

 

今も当時書いたモノをよく振り返って見てみるけれど、

「…まぁ、お世辞にもキレイな字って言えない(笑)」

(味のあるっていうのも当てはまらない^^)

 

でもね、何とか人前に出せていた。

売場に置き続けれてた。

 

っで、たまーに、

「オモシロいの書いているね。うまく書けてるね。」

って、お客さんやお店のパートさんに言ってもらえてた。
当時、僕が手書き販促物をずっと続けてこれたのは、まさに、このおかげ。

お客さんや周りの方から頂く、声のおかげでした。
…っで、ここからが重要なんですが!

【筆ペン】の存在があったからこそ、

 

そう言ってもらえてたって、思っています。
書くペンにも色々種類がありますよね、

マジック、ポスカ、サインペン、、、

…基本、自分の書きやすいので書くのが1番です。

 

ただ、字に自信がない方に1つ何か言えるとしたら、

「筆ペンを使ってみるとイイですよ」

 

もう、ご存知だと思うんですけども、筆ペンは、どんな字にも味を生み出してくれます。

字に自信がなかった僕でも手書き販促を続けてこれた。

その要因の1つが、筆ペンのおかげだから。
あと出来れば、ペンは、2種類くらい持っていた方がいい。

紙面の中で使い分けることで、伝わり方が変わって来ますのでね。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。