ある超有名スーパーさんから勇気をいただけた話。

先日あるテレビ番組に釘付けになりました。

もしかすると、あなたもご存知かもしれません。

実は以前にも新聞か何かで
読ませてもらったことがあったんです。

それが、今回より具体的に、
しかも社長さんが登場されて
(しかも、かなりのイケメン!)

お話しされていたので、グーっと入ってきたんです。

一気に虜になってネットで調べたり
インスタも見させていただきました。

愛知県のダイワスーパーさん。

今回知っただけなので
詳しくないのですが、

「八百屋の作る本気のフルーツサンド」

これが超人気らしく。

愛知県だけでなく東京や京都、福岡などでも
店舗を広げていらっしゃいます。

でね、

このダイワスーパーさんが
なんでこんなにも気になったのか、、

というと
社長さんが取り組まれていらっしゃること、
おっしゃられていること

一つ一つ、ぜーんぶに共感せてもらって、なのです。

現場でバリバリやられていらっしゃる
社長さんの話をこんなペーペーの人間が
エラそうに話すのも、、失礼な話なんですが(苦笑)

ダイワスーパーさんを初めて知った方のために
簡単に説明させていただくと、

もともとはお祖父様が立ち上げられたスーパーさんで。

いわゆる地方にいけば
どこにでも見かけそうな(高知にもたくさんありそうな)

地域スーパーさんの感じです。

臼井がご縁をいただくお店さんも
同じような規模で、雰囲気のような感じがします。

しかし、例に漏れず
周囲に大型店など競合店舗が並び、苦戦をされます。

現在の社長さん(お孫さん)が
お祖父様から継がれた時点で
3千万円の赤字だったといいます。

これを乗り越えるために社長さんがやられたこと。

いっぱいやられたと思うのですが、
その中でも臼井のアンテナがバチンと反応したのが、
今回ご紹介する、この2つです。

まず1つ目が、

「品揃えでも価格でも周囲には絶対に勝てない」
「何か自分たちの強みを生かさないと…」

そう考えられて、あることを実践された。

それは何か?

『人』で勝負すること

でした。

青果をメインで売るお店なのに
小松菜とほうれん草の違いが
わからなかった社長さん、

(私も産直店で同じ状況だったので余計に共感(笑))

自分にできることは?

考えられた結果、、、

1日50人のお客さまの名前を
憶えられたことらしいです。

モノで勝負できないなら、人で勝負する。

臼井もまったく同じ考え、です。

さらにもう1つ、社長さんがやられたこと。

ご自身で『お便り』をつくって
にお店が終わってからご近所さんに、

ポスティングされた、

と言います。

さらに当初、お店にコピー機がなくて
給料から5万円を引き出し
近所のコンビニで、5千枚コピーされたとか。

このあたりも臼井や仲間の会員さんと全く同じ状況です。

自分も起業当初はコンビニでコピーして
自宅で封入して送ってました。

今はうちの宣伝部長(娘)が手伝ってくれてますが(笑)

なーんかね、調べさせて
もらえばもらうほど、

泥臭い取り組みというか、
僕たちが普段会員さんとやっているのと
まったく同じなんです。

「あー、こんなに有名なお店さんでも
やられていることは同じなんだ」

「俺たちの方向性は間違ってないんだ」

勇気をもらえたんです。

今ね、考えていることがあるんです。

もっとより多くの方に
お役に立てることがあるんじゃないか?

もっと自分の強みを有効に
使える方法があるんじゃないか?

ウンウン唸りながら考えているんです。

(突然、話が変わりますが(笑))

その1つが、例えば、
POPの添削をさせてもらうこと。

「自分が書いたPOPのアドバイスをもらいたい」

という方が結構いらっしゃって。

しかし、添削するのって
手間もかかるし、コメントする言葉も
選ぶのが結構気を遣って、、ですね。

せっかくの相手の方のヤル気を
損ねないようにしたいので。。

だから、料金も高くなって、、

例えば、お店の現場で頑張られる
従業員さんの方がその金額じゃあ、キツい、、

みたいなことも多くって。

でも自分のなかでは、

POPを学んだりお店の現場で頑張る方々や
ご商売をされる方々が集まる、

そこで学べるコミュニティみたいなのが
作れたら、面白いんじゃないかなー

と思ったりするんです。

なので最後に1つ、
あなたのご意見をお聞かせいただけませんか?

例えば、

  1. 月額980円で、POPのフィードバックを受けられる
  2. フィードバックを受けた方同士の
    POPをオンライン上のグループで見られる
  3. フィードバックは月に1回だけど
    質問は何度でもできる

そんなグループがあったら、ご興味ありますか?

あと、「こんなのもできると嬉しい!」

みたいなご意見や提案があれば
ぜひお聞きしたいです。

グループを実現させるかどうか?
は、まだわからないです。

正直その金額でサービスを
立ち上げることへの不安もあります。

(自分が途中でテンションが下がらないか、、)

なので、金額は抜きにして
先ほど言ったようなグループに、

1:ご興味があるか?

2:他にやってほしいことは?

ぜひ、ご意見を臼井へお教えいただけませんか?

○お送り先:info@popcommu.com

メールを返信したから
グループに絶対入会しないとダメ、

なんてことはありませんので(笑)
ぜひ、あなたのご意見、お力をお貸しいただけると嬉しいです。

お声をお聞かせくださーい!

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?
その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
「商品・お客さま・従業員」3つの変化を引き起こすPOPコミュニケーション(通称ポプコミュ)を提唱。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼ販促費ゼロのなか年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。自らの現場経験をもとに、現在は実店舗の販促や集客の支援を行い、上場企業でのセミナーや従業員研修など、累計受講者数は2千名を超える。担い手育成のため、大学や専門学校でも講義を持つ。大阪府茨木市生まれ。