POPを置くスペースが限られている場合にやること

 

手書きPOPについてご相談をいただきました。

「手書きPOPを置くスペースが十分とれない場合

 どうすればイイのか?」

というご質問を。

 

名刺サイズくらいのPOPしか置けないとしたら、、、

そこでどうやって商品価値を伝えいけば?

 

基本、POPっていうのは、大きければ大きいほど目立っていいのですが。

どうしてもスペース的に限られている場合がありますもんね。

売場の棚に並べて販売。

隣の商品との間隔が狭くて、大きなPOPを置くと隣の商品とPOPがかぶる。

そんなケースだって、よくあります。

 

でも、商品価値を伝えたい。

伝えないと売れない商品の場合。

 

僕がオススメするのは、レターの活用です。

(POPという概念から離れるんで、ちょっと抵抗があるかもしれないんだけど)

自分で手書きチラシのようなモノをつくる。

そこで、商品価値を伝えていくんです。

 

 

産直店時代にレジで配っていたレター(生産者のことをよく紹介していた)

産直店時代にレジで配っていたレター(生産者のことをよく紹介していた)

 

 

これは、産直店時代にレジで配っていたレターなんだけど。

生産者のこと、商品の情報を書いて、結構お客さんに喜んでもらってました。

 

このレターみたいに、手書きでイイんでちょこっと書いてみる。

 

オススメしたい商品について、

「あなたはどう思ってるのか?」

「どうして、その商品を勧めたいのか?」

自分の言葉で書いてみるんです。

 

初めのうちは、どう書けばいいのか手こずるかもしれないです。

でもね、書いてるとね、だんだん慣れてきてオモシロくなってくるもんです。

 

っで、このレターを通じて、お客さんとコミュニケーションが生まれ出す。

 

「この商品って、どれのこと?」

「こないだココに書かれてた商品買ってみたら、すごく美味しかったわ」

「他にオススメって、どんなのがあるんですか?」って感じでね。

 

コミュニケーションが増えて、リピートにも繋がってくる。

知り合いを連れてお店に来てくれたりもする。

そう、口コミ紹介だって起きるんです。

なにもチラシを撒かなくてもね。レジであなたが手書きで書いたレターを渡すだけでね。

 

・・・今回の話は、POPを設置するスペースが少ない場合っていうご相談だったけれど。

レターは、手書きPOPと併用しながらどんどん活用してもらいたいです。

実践していくと、あなたのお店のウリが1つ増えますよ。

そして、お客さんに喜ばれるお店が実現します。

ぜひ、トライしてみましょう。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です