手書きPOPをやった方がいい理由②「即効性」

手書きPOP、やられています?

もしもまだだったら、実践された方がいいですよ。

今からでもね。

だって、手書きPOPには、

やったら良いこといっぱいあるんだから。

例えばね、、、

前回の記事でもお伝えしましたが。

手書きPOPをやった方がいい理由。

■前回の記事「手書きPOPの効果は長く続く、、、」

↑     ↑

まだだったら、読んでみてくださいね。

っで、まだあります。

手書きPOPをやった方が良い理由。

それは、、、、

即効性がある。

効果がすぐに現われやすい。

ココにあるんです。

例えばですよ、あなたが今日、手書きPOPを書くとして。

それをお店の売場に貼る。

・・・っで、効果はいつ出るか?

といえば、もう貼ってスグからです。

早ければ、POPを設置して3分後には、お客さんがその商品を買うかもしれない。

実際、僕のサポート先でもありました。

パートさんがPOPを書いて、さぁ貼った。

そしたら、その1分もしないうちに、お客さんがPOPを見て、商品を買って行った。

そんなことが起こるんです。

でも、チラシだとそうはいかないでしょう。

チラシを書いた。

さぁ、明日結果が出るか?

っていうと、そうでもない。

ちょっと待つ必要があるでしょう?

折込みするんだったら、それなりに準備も必要になるし。

というわけで、手書きPOPをやった方が良い理由。

「ダメか?反響あるか?」

スグに効果が分かるから、、、ココなんですね。

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。