ブラックボードをつくるなら、この2点を抑えよう

手書きPOPセミナー大阪

 

ブラックボード 書き方

 

手書きPOPの考え方は、すべて販促物に共通する。

成果の上がる手書きPOPを書くために必要なこと。

それっていうのは、他の販促ツールでも同じだよ。

という話です。

 

 

例えば、それがブラックボードであってもです。

手書きPOPの書き方は、ブラックボードにも汎用が効くんです。

ある美容院でのブラックボードの話

昨日、ある美容院さんの販促サポートに伺ってきました。

彼これ、今年で4年のお付き合いになるお店です。

  • サンキューレターをつかって休眠客の復活
  • 折込みチラシでの新規集客、、、、

などなど、媒体を替えいろんなトライをおこなってきました。

 

今回は、ブラックボード(店頭看板)です。

ブラックボードをつかって、近所のお客さま(潜在客)に来店してもらう。

そのための仕掛けづくりです。

 

これまでも活用されていたんですよ。ただ、

「少し内容をリニューアルしようか?」

「新しく創りかえましょう」

そんな話の流れになったんです。

ブラックボードをつくるにあたり、、、

内容をつくるに当たり、いくつかのポイントを洗い出しました。

オーナーさんと一緒に確認していきました。

  • どんなお客さまに来店してもらいたいか?
  • そのお客さまが気にして(頭がいっぱいになって)いることは?
  • 顧客のなかに、同じようなお客さまはいないか?
  • その方たちがつかう言葉は?
  • 、、、、、

まぁ、いっぱい案(アイデア)を出していきました。

 

そして、ある程度中身が決まって来たときに。

内容を明確化していく際に、意識したことが2点あります。

 

まず、その1つ目が、

1.商品の話はしない

ブラックボードに書く内容。

そこには商品を主題にしない、っていうことです。

 

商品の内容を伝えるにしても、ブラックボード内では商品に関しては触れない。

すごく抽象的な表現なんですが、

「後ろにとっておく」イメージです。

 

ブラックボードに興味を持ったお客さまが、その後、来店された時に商品のことを知れる。

その順序を大切にしました。

2.人を絡める

これは、僕がセミナーなどでいつも言っていることですが。

同じ1つのメッセージを発信するにしても、どこに視点をおくか?

で、まったく伝わり方が変わってくるという話です。

 

 

シンプルにいうと、「人」をメッセージに絡めるのです。

単に、モノやサービスを伝えるだけでなく。

「人」を登場させる。

「人」と絡めて、メッセージを書く。

 

人間の脳は、モノやサービスよりも人に興味、共感を示します。

人が絡んだ情報はお客さまにとって、親しみやすいメッセージになってきます。

 

…その美容院さんでは約2時間半の滞在でしたが、ほぼ仕上がりました。

後、写真とイラストを貼り付ければ、出来あがり。

という状態にまで持っていけました。

 

手書きPOPの考え方は、すべて販促物に共通する。

たとえ、それがブラックボードであってもです。

手書きPOPの書き方は、ブラックボードにも汎用が効くんです。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。