【手書きPOPのコツ】台紙をつかって見映えUP~お茶の手書きPOP

 

手書きPOPの魅せ方の1つに、「台紙の活用」というのがあります。

メッセージを書いた紙の下にもう1枚、

台紙を貼るという方法です。

 

例えば、こちらをご覧いただけますか。

前職、営業をしていたときに僕がつくった手書きPOPです。

 

紅茶・お茶の手書きPOPの事例

前職時代、得意先によく置かせてもらっていた手書きPOP

 

もう10年以上も前に書いたものなので、内容的には色々とあるかもしれません。

ただ今回は内容的なことは別として、見た目。

魅せ方に話をフォーカスしていきます。

どっちが見映えする?

ではまず、1つ質問です。

 

上記のPOPをご覧ください。

「白い紙」にメッセージが書かれていたり、写真が貼られていますよね。

写真は赤い台紙が付いていますけど、その台紙を付けずに「白い紙」のままをお店の売場に置く場合。

一方、上記のように「赤い台紙」を下に敷いて設置する場合。

どっちが見映え的によくなりそうですか?

あと、目立ちそうなのはどっち?

手書きPOPに台紙をつかう利点

台紙に手書きPOPを貼るメリットとして、5つのことが挙がります。

  • 見映えする
  • 目立ちやすくなる
  • 商品との雰囲気を合わせやすくなる
  • 統一感が生まれる
  • 補強される

見映えがよくなり、目立ちやすくなる事の他にも利点はあります。

例えば、商品に合わせて台紙の紙質や色を変える。

和菓子などには和紙をつかったり、、、してみることで、商品に合った雰囲気をつくり出すことができます。

 

あとは、商品カテゴリーごとに台紙の色を揃えてみる。

そうすることで、お店や売場の統一感が生まれます。

結果、お客さまへ与える印象が変わってきますよね。

 

今ざっと挙げた以外にも、台紙を活用するメリットはたくさんあります。

ぜひ1枚でもいいので、一度これから書かれる手書きPOPに台紙を貼ってみてはいかがでしょうか。

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。