あなたの代わりに手書きPOPが売り込んでくれる

 

手書きPOPには、お客さんによく聞かれる質問を書いたらイイ。

昨日、そんな話をしました。

「お客さんから共感されて、メッセージに信頼性が出ますよ」という話です。

<昨日の記事>手書きPOPで成果を上げるヒントは、お客さんとの会話に隠れている

 

今日も引き続き、手書きPOPに書くと良いメッセージについての話です。

 

手書きPOPには、お客さんに聞かれる質問の他に、

「あなたが普段、お客さんにどんなコトを言っているか?」

ここに着目してみる。

昨日の「聞かれる質問」とは対照的な話ですが、これもすっごく効果的です。

お客さんに話すことを手書きPOPにする、そのメリット

普段、お客さんと接する時によく話すこと。

それを手書きPOPのメッセージにすると、どうしていいのか?

  • イヤな顔をしたお客さんを見なくていい
  • 不必要なストレスが減る
  • 効果を量産できる
  • 見る、見ないはお客さんが選べる
  • お客さんに声をかけられやすくなる etc

そのメリットは、広範囲にわたります。

 

中でも特にメッセージをつくる時に意識してもらいたいことは、お客さんの反応です。

「あなたが話すことで、お客さんがグッと興味を持った」

その話を思い出してもらいたいんです。

 

例えば、こんなのをイメージしてみてください。

あなたが、どこかのスーパーで、ある商品の試食販売をしていたとします。

近づいてきたお客さんに、試食を渡しながら話しかける。

お客さんも足を止めて話を聞いてくれる。

その時に話す内容、

ここに着目するのです。

中でも特に、あなたが話したことで購入してくれたお客さん。

その人達には、

  • どんなコトを話していたか?
  • どんなコトを話したときに、グッと興味を示したか?

ココに注目です。

あなたの代わりに商品を売り込んでもらう

先日おこなった手書きPOPの勉強会でも、今の話になりました。

ある参加者さんが、同じ話をされたんです。

 

スーパーで試食販売をよくするんですね。

その時に、もう声が枯れそうになるくらい、ほんと1日中話している内容があるんです。

それをPOPに書いてみました。

 

そう言って書かれた手書きPOPがコチラ。

 

yuzu

甘酢って、なぁ~に?

あったかいご飯に混ぜると酢飯ができるんです!!

でも、ダシが入ってないから、イタリアンや中華もあ~らお手の物!!

かんたんレシピ付

「うちの子がパクパクご飯食べてくれてうれしい!」

というママさんも

 

スーパーで試食販売をすると、いつも商品説明をされていたそうで。

この甘酢をつかうと、どんなことができるのか?

どんな料理ができるのか?

そんな話をいつも、声が枯れそうになるくらい1日中されていた。

しんどかったけれど、その話を最後まで聞いてもらえると、商品を購入してもらえることも多かった。

だから、その試食販売で話していた内容を手書きPOPのメッセージにされました。

「今までは、あんまり効果ない感じなかった」

あと、こんな事もおっしゃられていました。

 

今までも、こんな感じのPOPをパソコンでつくって、お店へ置いてもらってるんです、

だけど、あんまり効果がない感じだったんです。

今回のはちょっと楽しみです。

って。

 

こちらが今までお店へ置いてもらっていた内容と同じ手書きPOP。

勉強会の冒頭でワークをした時に、書かれました。

 

こちらが今までつくられてPOP

こちらが今までつくられていた内容と同じPOP

 

「手書きPOPは、無言のセールスマン」

こんな喩え話もあるくらいです。

 

あなたが商品について説明しなくても、手書きPOPが語ってくれる。

あなたが売場に立たなくて、POPが代わりに商品をうってくれる。

そのためにも、

「あなたが普段、お客さんにどんなコトを言っているか?」

ここに着目して手書きPOPのメッセージを考えてみる。

1つの方法です。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。