チョットした実験~自分の気持ちに素直に過ごしてみる

 

昨日、この映画を観てきました。

 

アメリカン・スナイパー~話題作らしいんですね、知らなかった

アメリカン・スナイパー~話題作らしいんですね、知らなかった

 

 

「平日に映画を観てきた」

なんて書くと、

「コイツ、仕事してへんのか!?」

って、思われそうでチョット躊躇ったんだけど(笑)

 

映画を観る前のエレベーターの中で、ご機嫌なボク

映画を観る前のエレベーターの中で、ご機嫌なボク

 

・・・あっ、そうそう。今日は販促物の話じゃないです。

 土曜日の週末なので、僕が普段考えてる独り言を書かせてもらいます。

なので、あまりその辺りに興味がない方は、ココのあたりで、、、にしておいてくださいネ(謝)

 

最近、・・・といっても、ついこの何日かなんだけど。

自分の気持ちにしたがって過ごしてみよう、そう思っているんです。

自分のやりたいコト。

ワクワクしそうだなぁ、と思ったことがあれば、とりあえずやってみる。

あんまり打算的にならずにね、と。

チョットした実験

僕の性格的にも、自分の感情を押しこめる。

そんな癖があると思っていて。

 

「あっ、これやりたいな〜」

と思っても、

「でも、それやると、、、だよね」

みたいな感じで、自分の感情に対して意志のチカラで、こう対抗するというか。

何かを感じても、一旦一呼吸置いて、考える癖がある。

 

例えば、昨日の映画もそう。

 

「なんか、映画観たいなぁ」

 そう思ったら、以前なら、

 

「でも、待てよ。今のうちにあれもやっておいた方がイイんじゃないか。

 そうすれば、後々、仕事も楽にまわるんじゃない?

 止めておいたほうが、、、」

みたいな風に考えて、感情をどっちかというと押しこめていたんですね。

(従来、僕の休日は、土日の週末)

 

ただ、ここ数日は、気持ちに素直に従ってみようと。

 

自分が今、やりたいと思ったコト。

これ、やってみるとチョット楽しそうだなぁ、と思ったら。

あんまり深く考えず、損得とか考えず、とりあえずやってみる。

直感を大事にするというのかな。

そんなコトを意識しています、ここのところ。

 

自分の心が悦ぶことをしていったら、どうなるんだろう?

何かオモシロいことが起きないか?

そんな感じのチョットした実験です。

というわけで、僕の独りごとにお付き合いくださり、最後まで読んでくださってありがとうございますね。

嬉しいです。

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。