初めてでも、2時間で手書きチラシがつくれた5つのステップ

 

今日は手書きPOPじゃなくて、ちょっと手書きチラシの話をしますね。

 

まぁ、POPにも共通することです。

なので、チラシを普段つくらなかったとしても、お聞きになってみてくださいね。

 

 

コレを見て思わず愛おしくなった~仕事机のカレンダーに書かれた2つの絵

コレを見て思わず愛おしくなった~仕事机のカレンダーに書かれた2つの絵

 

 

チラシって言うと、なんだかハードル高く感じたりしないですか?

・・・チラシっていうと、

 

創るのむずかしそう、、、

どんなコト書いたらイイのかさっぱり分かんない、、、

 

なーんかハードルが高いイメージ、そんなのないですか?

 

 

けっこう、POPに比べても実践されている方って少ないと思うんです。

(もちろん業種にもよるんだろうけどね。)

 

っで、もしも、あなたがチラシをつくりたいと思ってる。

でも、どんな風に創ったらいいのか分かんない、、、として。

そんな時に、

 

 「コレを知っているとチラシをつくるのが比較的スムーズになるよ」

「このステップに1度つくってみて」

「初めてでも大丈夫だよ」

 

という初心者の方でもチラシを比較的スムーズにつくれる手順をお伝えしてみますね。

 

チラシをつくるのが初めてでも、2時間で手書きチラシがつくれた5つのステップ

実は、昨日もあるお店(魚屋さん)で手書きチラシをつくってました。

 

お店の従業員さんと一緒に、このステップでね。

なので、理論だけじゃなくって実際に実践でつかえる方法です。

参考にできるところがあったら、つかってみてくださいね。

 

1.何のために?

 ・・・チラシをつかって何をしたいのか?

 ・・・このチラシをつくる目的は何なのか?を考えます。

 

 例えば、

 「新商品ができたんで売っていきたい」

 「●●のサービスのキャンペーンを行っていこうと思っている。

  それをお客さんに知らせるために」など、

 あなたが、チラシをつくる目的を考えます。

 

2.誰に?

 チラシで伝えるこの情報を誰に伝えたいのか?

 例えば、

 ・・・誰に知って欲しいのか?

 ・・・誰に伝えると喜んでもらえそうか?

 ・・・このチラシに書いた商品・サービスを手にとって得する人はダレ?

 ・・・どんな人に(この商品を)使って欲しいのか?

 

誰か1人お客さんをイメージしてみましょう。

 

 「あの人に教えてあげると喜ばれるかな?」

 っていう、実際のお客さんを具体的に1人思い浮かべてみましょう。

 

3.なんて声をかける?

 次は、このチラシが実際にできたとして、渡す時、あなたはなんて言って渡すのか?

 

 先ほど、「2.誰に?」の部分でイメージしてもらったお客さんに渡すの時のコトバがけ。

 最初、どんな風に声をかける? 

 その言葉を紙に書きだしましょう。

 

4.なんで、その人に? 

 その人(具体的に1人イメージしたお客さん)にチラシを渡すっていうことは。

 なんか理由があるわけでしょう。 

 その人を選んだ理由が。

 

 「その人がこの情報(商品)を知ったら、喜ぶんじゃないか?」

 そう思った、なにか理由があると思うんです。 

 ・・・その理由はなにか?を考えてみましょう。

 

5.チラシを4つにコーナー分け

 例えば、チラシをA4の紙(サイズ)でつくろうと思われているとしたら。

 A4の紙を用意します。

 

 そして、4等分に折る。

 まず、半分に折って、またその半分に。

 すると、紙面が4等分にされるでしょう。

 そこに、コーナー分けをします。

 

 こんな感じでね。

 

 

スゴイざっくりだけど、、、(笑)その場で今書いた感が満載だし(笑)

スゴイざっくりだけど(笑)こんな感じね(その場で今書いた感が満載だ)

 

 

 

さっき考えられた、「3、声かけ」や「4.理由」の部分を紙面にあてはめる。

 

あとは、そのチラシで紹介したい商品やサービス。

イベントとかでもいいので、3番目に書く。

っで、最後の1番下は、お申込みフォームや連絡先(アクセス情報)。

写真とかでもOKね。

商品写真やお店の人の写真とかね。

 

 

すごいザッとお伝えしましたが、これが、手書きチラシをつくるときの大まかな手順(ステップ)です。

 

 

実際、昨日もお魚屋さんの従業員さんと、この順番で手書きチラシをつくりました。

 

チラシつくるの初めてだった方だったけど、頑張ってチラシをつくられましたよ。

3時間滞在していたけど、正味チラシづくりに費やした時間は2時間くらいじゃないかな。

あとは写真を貼ればデキあがり!

というところまで、いきましたから。

 

 

これが大枠の流れ。

手書きでチラシをつくるときのね。

スゴイざっくりとしているけど、こんな風な流れでチラシをつくる。

すると、けっこう初めての方でも創れるものですよ。

 

ぜひ、色々トライしてみてくださいね。

ここがゴールじゃなくって、これがスタート地点でもあるのでね。

チラシをつくって、そこから始まりでもありますからね。

楽しく販促物つくっていきましょうね。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。