無料で「最強のセールスマン」を雇う

 

手書きPOP 理美容院

 

「手書きPOPは、最強のセールスマン」。

こんなフレーズを聞いたら、どんなことを思い浮かべますか?

 

今このブログを読んでくださっている、

勉強熱心なあなたなら一度は耳にされたことがあるかもしれない、上記フレーズ。

 

まぎれもなく手書きPOPは、アナタのお店にとってのセールスパーソンです。

さらにうまく味方につければ、比類なき最強の販売員になってくれるのです。

例えば、理容院の場合

僕たち、個人小規模店にとってのウィークポイント。

弱点の1つは、人材力です。

大手だと、働いてくれる多数のスタッフさんがいます。

商品を販売してくれる多数の販売員さんがいます。

 

が、僕たちは、そうはいきません。

 

これがサービス業。

理美容院やサロン、治療院といったサービス提供型のビジネスになると顕著にあらわれます。

 

例えば、あなたが理容院を経営されているとして。

あなたお一人でお店を切り盛りされているとします。

すると、1日の売上最大キャパっていうのが、自然と決まってきますよね。

  • 営業時間は、朝の9:00~夜19:00(の約10時間)
  • お一人のお客さまのカットにかかる時間は、1時間
  • お一人のカット料金が、4,000円

と仮定すると。

  • 10時間÷1時間=10人のお客さま
  • 10人×4,000円=4万円(一日の売上)

さらに、ひと月の営業日が25日だとして。

  • 4万円×25日=100万円(ひと月の売上)

こんな計算式が、数字上は成り立ちます。

(あまりにざっくりし過ぎて、本業の方が見たら怒られそうだけど(笑))

 

但し、ここにはアイドルタイムを計算にいれてません。

予約が1日中埋まっていて、お客さまがひっきりなしに入っている状態です。

実際には、もう少し売上は下がりますよね。

 

売上をこれより上げようと思えば、稼ごうと思えば、、、

  • 従業員さんを雇うか?
  • お店を大きくするか?

規模を拡大して、お客さまの回転を上げる。

っていうのが、手っ取り早い方法として挙がります。

 

しかし、これには当然リスクもつきもので。

規模は大きくしたけど、集客できなかったらどうするねん?

ってなるわけですよね。

 

じゃあ、ここでどうするか?

最強のセールスマンを無料で雇うのです。

手書きPOPは、「最強のセールスマン」。

冒頭でお伝えしましたよね?

 

その通り、この最強の販売員を雇うのです。

 

手書きPOPに働いてもらうと、お店にいい事がいっぱい起こります。

  1. 無報酬で働いてくれる⇒ノーコスト。紙とペンで実践できる
  2. 1日中、販売し続けてくれる⇒売場に置けば、1日中商品を訴求し続ける
  3. 売り込み臭くない⇒何にもしゃべらない。興味を持ったお客さまだけ気にかける
  4. 半永続的に働いてくれる⇒「仕事面白くないんで辞めたい」なんて絶対に言わない
  5. 量産できる⇒お店の商品すべてに設置することができる

例えば、今ざっと思いつくだけでも、こんなことが起こる。

 

紙とペンがあれば、実践できて。

一旦書いて、置いておけば、1日中お客さまへ無言のセールスをし続けてくれる。

しかも、ヘンな売り込み臭さはないし。

だまってアピールし続けるだけ。

それも、ずーっとずっと売り続けてくれる。

何人(枚)でも雇うことができるのです。

 

セールスは、手書きPOPに任せておいて、後はあなたはお客さまとのコミュニケーション。

そちらに注力すればいいだけになる。

こんなHAPPYがお店に起こるんです。

手書きPOPをお店に雇う(導入)だけで。

 

さて、最後にもう一度質問です。

「アナタのお店には、最強のセールスマンはいますか?」

無報酬で働き続ける、超優秀な味方。

…まだ雇われていないのなら、そのタイミングはいつですか?

 

追伸:あなたのお店に最強のセールスマンを雇う方法はこちら

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。