チラシ集客は折込とポスティング、どっちががいいの?

オフラインの集客で使われるチラシについて。

「ポスティングがいいんですか?
折込チラシがいいんですか?」

会員さんからご相談をよくいただきます。

まず、オフラインでの集客を前提に
お話しさせていただきますね。

チラシ集客よりSNS?

今チラシは以前に比べると随分減っているというか
ネット・オンライン、、

例えばSNSが全盛になって
そっちの集客が当たり前になっていますよね。

LINE集客だの、インスタだの、Facebookだの、、
色々言われてますよね。

ですので、

「チラシっていうのは時代遅れだ」
「チラシやってても集客なんてできない」

ってよく言われているんですよね。

ただ、私の周りではオフラインの集客、
チラシをやって普通にお客さまを集められている会員さん
お店の方がすごくいらっしゃるんですよね。

誤解のないよう前提として
お伝えしておくんですけど、

オフラインの集客をやっている人っていうのは
目立ちにくいんですよね。

チラシ集客は目立たない?

例えば、会員さんの話で恐縮なんですけど
地方にいらっしゃる方が多くて、

その方々が例えばオフラインで集客してますよね、
すると思ったより表に出づらいんですよね。

地元でしっかり集客されている。

ネットみたいに前面に出てこないので、

「チラシやっても集客できないんじゃないの?」

みたいな感じで言われやすいんですよ
表に出ないのでね。

だけど、目立たないでも地上でしっかりと
集客されている方はいらっしゃいます。

なぜチラシを続けるお店が絶えないのか?

では、チラシの何がいいのかっていうメリットを
最初に上げさせていただきます。

チラシがいいのは、1回上手くいきだすと、
集客できだすとですね、
(そこまでが時間かかるんですけど)

繰り返し使えるんですよね。

例えば、チラシやりました。

今回話すポスティングにしろ
新聞の折込にしろ、上手くいきますよね。

すると、それを継続的にやっていったらいいんですよね。

そしたらある程度、反応や集客できる人数に
変化は出てきますけど、繰り返し結果を出すことが
できるんですよね。

あるいは一部分だけ変えてまた出す、

キャッチコピーだけを変えて
また折込をするとか繰り返しやっていって
さらに繰り返し集客ができるんですね。

こういう、いわゆる集客の仕組化っていう
メリットが生まれるんで、
チラシっていうのは
実店舗でやっている方にとっては欠かせないツールになってます。

折込とポスティングのメリットデメリット

今回のテーマである、折込がいいのか?
ポスティングがいいのか?

っていう話なんですけど、一長一短、
メリットデメリットお互いにあるので
一概にどっちがいいよとは言いづらいんですよね。

まずメリットデメリットをお伝えさせもらうと、、

折込チラシのいいところは、一気に撒きますよね。

例えば、○月○日の○曜日にチラシを
3,000枚まくって、新聞配達屋さんにお願いしたら
一気にその時に撒いてくれますよね。

チラシさえ作っておけば。

こういうラクさというか、一気に撒ける、
お客様にアプローチできるっていうメリットがあります。

折込とポスティングの違い

さらに、もう1つのメリットは信頼性ですね。

いわゆるポスティングに比べてですよね、

新聞折込やってると新聞に入れてるお店さんなので
そこそこ信頼ができるみたいな。

社会的な地位っていうのも変なんですけど、

「大丈夫なお店さんなんだろうな」

みたいな感じがあるわけですよ、ポスティングに比べて。

逆に、ポスティングってなると
信頼性が落ちるとまで言わないですけど
普通にポストに自分で入れられますよね、個人の方でも。

だから、折込チラシに比べると
お店の信頼性は下がるんじゃないかっていう
考えを個人的には持ってます。

新聞折込の最大の『弱点』

新聞折込のデメリットなんですけど
これはすごく大きくて、ぜひ抑えていてほしいんですけど、

あなたの見込み客じゃない人にも
アプローチしてしまうことですよね。

例えば簡単に言うと、ダイエットしたい人に
サプリメントのチラシを出すとしますよね。

あなたがサプリメント作ってて。

対象になる方っていうのは健康に気を使ってたりとか
ダイエットしたい人っていう感じですよね。

それを折込チラシで、あなたのサプリメントのチラシを
入れたときに、全然健康に気をかけていないとか
ダイエットしたいとか思っていない人の家にもチラシが届きますよね。

これある意味無駄打ちです。

仕方がないんですけど、あなたのサービスや商品に
興味ない人に自動的に送られてしまうっていう無駄打ち。

見込み客じゃない人にチラシを届ける
無駄打ちが発生するん
です。

これが折込チラシの最大のデメリットになってきます。

ポスティングならではの強み

一方、ポスティングのメリットは何か?

  • 読まれやすい
  • 手に取られやすい

ここがあるんですよね。

要は、新聞折込のデメリットにもなるんですけど
新聞折込は、新聞にチラシを挟んで届けてくれますよね。

そうなると、他のお店さんのチラシとか
他の会社のチラシとかと一緒に5枚、10枚、20枚と
一緒に束ねられて届くわけですよね。

余りに多いと受け取った方からしたら
全部に目を通さない可能性が高いわけです。

だけど、ポスティングは、ご自身で直接ポストに入れます。

ご自身じゃなくても業者さんに頼んだり。

するとポストの中にチラシが
都心部だったらいっぱい詰まってる可能性が高いですけど
折込に比べて少ないんですよね。

地方は特にチャンス

ポストの中にあなたのチラシを入れたときに
もしかして他に入ってなければ
お客さまが手に取ってくれる可能性が高いですよね。

そのあと興味持ってくれれば
読んでくれる可能性も高くなりますよね。

新聞折込の場合は一気にどさっときますので
その違いは大きいかなと思います。

※私が住むエリア(高知県)はポスティングもほぼ入らない
(必然的に、地方はチャンスです)

このあたりが私が会員さんと新聞折込や
ポスティングやってて、特に感じるのは。

全体的に見て、会員さんの業種とかによっても
違ってくるので何とも言えないんですけど、

ポスティングで結果を出している会員さん、
お店さんが相対的に多い感じがしています。

ポスティングで集客出来ているお店が多い

これは個人でポスティングされるのもそうだし
業者さんにお願いしてやられてる方もいらっしゃるのですが、

ポスティングで結果が出てる会員さんが
多い気がします。

ただ何とも言えませんよ、業種によっても違いますしね。

エリアによっても違ってくると思うので
何とも言えないんですけど、まずはどっちがいいのか?

自身で試すことが重要ですし、確実だし、早い。

むやみやたらに知識だけ詰め込んで
こっちがいいのか?っていうよりも、

ご自身でポスティングと折込やってみて
どっちが反応がいいか?

数字を見て判断していかないと。

今日お話ししたメリットデメリット踏まえて
判断していってほしいなっていう風に思います。

ということで今回はオフライン集客のチラシ、

その中でもポスティングと新聞折込
どちらがいいのか?という話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。