マーケティングを学べば、商売はうまくいく?それって、本当?

マーケティングって、好きですか?

マーケティングという言葉を聞いて
どう感じますか?

ワクワクします?

それとも何とも感じませんか?

マーケティングを学べば
商売はうまくいく。

世の中にはそんな風潮が
あるかもしれません。

あなたも、そう思われているかも
しれません。

だけど、今日は、

「マーケティングなんて糞くらえ」

という話です。

正直マーケティングを
中途半端に学ぶくらいなら、
いっそ何も知らないほうがいい。

そう思っています。

たしかに学ぶことで、

「業績がV字回復しましたよ」

「セールスしなくても
商品が売れるようになりましたよ」

「店販だけで月に200万
売り上げれるようになりました」

得られるメリットも大きいです。

ただ、中途半端に知るだけなら
かえって邪魔。

あなたの行動力を、
成果を奪う『大悪』になる
そう感じています。

以前、 ある方々とお会いしていたんです。

お一人は、木工品の製造販売を
されるお店の奥さまです。

もうお一人は、
鍛冶屋の職人さんです。

超地域密着型のご商売をされる
お二人です。

実は、前月お会いした際に
作戦会議をおこないました。

一緒に考えた『マル秘』作戦に
取り組んでもらうよう
お願いをしていました。

1か月経過。

実直に実践されていました。

こっちが嬉しくなるくらいに
行動をされていました。

結果、、、

「新しくお店に来てくれる方が
増えた気がします」

「まとまって商品が売れました」

報告くださいました。

正直、金額にすると
そんなに大きくはないと思います。

ただ、

ただですよ、

行動されて、
少なからず成果を感じられ
さらに、

「臼井さん、次はどんな事を
やったらいいでしょう」

目をキラキラしながら
こっちを見てくださるわけですよ、

120%信用しきって目で。

…あらためて言います、

『マーケティングなんて糞くらえ』。

今回たまたまお二人を
例に挙げさせてもらいましたが、

お二人は、

マーケティングの“マ”の字も
ご存知ない気がします。

難しい専門用語や
カタカナ言葉をご存知ないと思います。

しかし、前進されています。

進捗途中ですが
結果を掴み始めています。

何かを学ぶことを
全否定するつもりはありません。

ただ、よくよく考えないと
新しく入れた知識が邪魔をする
ことだって大いにあるのです。

『ビギナーズラック』

という言葉がありますが
あれは単なる運だけじゃなく

初心者が何も考えず
がむしゃらに突き進むことで
掴める賜物じゃないか、

という気もします。

ヘンに賢くなると
考えに手垢がついて行動が
遠退くことはよくあります。
(私も何度も経験しています)

そんな時こそ、
ドロップキックをかましてやりましょう。

「マーケティングがなんだ」

「知ることじゃなく行動することで
結果は掴めるものだ」

「マーケティングなんて糞くらえ」

行動力に自信がない…
結果に伸び悩んでいる…

心当たりがあれば
大声で叫んでみてください。

行動こそ命だと思います。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。