ありきたりなメッセージになっていませんか?~ある調剤薬局店での手書きPOPの話

あなたの手書きPOPのメッセージ、
他のお店でも使えるものになっていませんか?

…ちょっとチェックしてもらいたいのですが。
同じ商品を売っている同業他店に、あなたの手書きPOPを持っていったとして。
そのPOPが、そのお店でも使えるようなメッセージになっていないか?

もし、そうだとしたら、、、それは、ちょっとヤバいかもしれません。
お客さまの反響を得るのは難しいかもしれません。

調剤薬局店での手書きPOPの話

「なんだか、メッセージがしっくり来ないんです」

昨日、お伺いしていたある会員さんのお店での話。
調剤薬局店さんなんですけどね。
代表の方のお悩みの1つとしてありました。

手書きPOPを書いてみる。
メッセージを考えて書くんだけど、いまいち、、自分でも納得しない。
筆が止まってしまう、、、そうなんです。

さらに詳しく話をお聞きしてみると。
どうも、書く手書きPOPのメッセージが、

  • どこかにありそうな表現
  • 商品特徴を並べたもの
  • 気持ちが入っていない

そんな文章になってしまう。
そんな風におっしゃっていたんですね。

ちなみに普段から僕に、
「●●さん、もっと思いや気持ちの部分を伝えていった方が良いですよ」
そう言われているわけですよ。

もう、イヤと言うほどね。
だから、思いを伝える重要性は実感されていらっしゃるわけです。

だけど、できない。
そこで、どうしたらいいか一緒に考えました。

原因は何か?

一緒に考えました。

どうしたら、もっと思いの伝わるような。
他店ではつかえないようなメッセージになるのか?

すると、1つの…らしきものに行き当たりました。
手書きPOPを書かれるときに、いろんな制約をつくられていることに気がつきました。

  • こんな事を書いたら、ダメなんじゃないか
  • こんな表現は、・・・じゃないか
  • お客さまにイヤな気持ちにさせるんじゃないか

詳細は書けませんが、いろんな

「ダメなんじゃないか?」をつくられていたんですね。

結果、メッセージを書いていくうちに、標準化した。
若干ありふれた感じの表現になっていた。
そう感じたんですね。

もっと素を出していい

手書きPOPっていうのは、あなたの分身です。
あなたの代わりの存在です。
あなたが忙しくて接客できないときに、POPが代替えしてくれるわけです。

なので、そこに書かれる文章は、あなたが普段お話しされる内容が好ましい。
普段あなたが接客で話される雰囲気。トーン。
その内容。
それを変えずに、そのままの方がいいんです。

ヘンにかしこまっちゃうと(どうしてもなるんだけど)、あなたらしさが消えてしまう。
結果、よく見かけるような。
他店に持っていっても使えるような表現になってしまう。
そして、お客さまにも伝わらなくなってしまいます。
もっと素を出した方がいいんです。

…さて、最後に1つあなたもチェックしてください。

あなたが書かれる手書きPOP。
同業他店でもつかえるメッセージになっていませんか?

もしも、そうなっているとしたら、
もっともっとあなたの素の部分を出していいんですよ。
あなたらしさが出ているメッセージの方が、お客さまに喜ばれます。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。