人間は、モノやサービスよりも人に共感しやすい生き物

 

20150730

セミナーや講演をするたび、いつもお伝えすること

 

手書きPOPに書くネタは、「人」を感じるものがイイ。

ずっとお伝え続けていることです。

先日、この僕の主張を裏付ける話に出会いました。

 

そもそも人間は普段どんなことを話ているのかというと、すべての会話のうちの70%以上は、誰かについての噂話だということが研究でわかっています。

(「頭は「本の読み方」で磨かれる」より)

 

最近よく読ませてもらっている脳科学者・茂木健一郎さんの書籍に書かれていました。

もちろん茂木さんは全然違う話のために引用された一文だったんですが、僕的には、「まさしくそうだ!」ってなりました。

 

今月号の僕のニュースレターの表紙

…ぜんぜん関係ないけど、今月号の僕のニュースレターの表紙

 

人間は、モノやサービスより人に興味・共感しやすい生き物

手書きPOPを書くときっていうのは、そのPOPで紹介する商品の特長やメリットを書く。

これがよく取り入れられている一般的なPOPの書き方です。

書く側としても、商品のこだわりや特長を伝えたいと思う。

なので、手書きPOPに書かれるメッセージというのは、モノ(商品)中心の切り口で書かれることが多い。

 

だけど、お客さん側からするとモノの情報をいっぱい伝えられても、あんまりオモシロくないと思うんですよね。

というのも、モノの情報って今いっぱい溢れている。

だから興味が湧きにくい。

「うちの商品は、こんな所が優れているんです」

っていうメッセージは、手書きPOP以外にも販促物にいっぱい書かれてるでしょう。

 

だから、ここで「人」の視点っていうのが大切になってくるんです。

モノ(商品)の特長を人に関連させて伝える。

すると、モノを切り口にしたメッセージよりも興味を持ってもらいやすくなる。

 

手書きPOPに限らず、販促物をつくられるときにすごくカギになってくる考え方です。

昨日の直売所の方々を対象にした講演でも、このことを詳しくお伝えさせてもらいました。

 

3日間にわたった高知県主催の講習会、無事に終わりました

3日間にわたった高知県主催の講習会、無事に終わりました、ありがとうございます

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。