目を留めてもらうPOPを書くためには

POPをやっているけど、読んでもらえない。

売上が繋がっている気がしない。

そんな風に思ったことって、ないですか?

お客さんにPOPを読んでもらえない、

その根本的な原因は、こんなことかもしれません。

POPなどの販促物において成果を上げるために、もっとも重要なこと。

その1つが、「読まれること」。

お客さんに、まず読んでもらうこと。

ここに尽きます。

 

読まれなきゃ、始まりません。

買ってもらえません。

言ってみれば、入り口の部分ですよね。

・・・じゃあ、どうすれば読まれるのか?

 

「POPをやっているんですけど、読まれません」

「なかなか売上に繋がりません」

「目をひく言葉、教えて欲しいです」

「インパクトのあるキャッチコピーとか、、、」

このようなご相談を受けること、ほんと多いです。

POPに関して言えば、上記がご相談の80%くらいを占めているんじゃないかな?

って思うくらい。

 

・・・っで、ここでですね、

1つ考えてもらいたいんです。

「POPを読まれない」

「POPに目を留めてもらえない」

その理由は、インパクトのある言葉がPOPに書かれてないからか?

読まれないのは、キャッチ―な(目を引く)言葉がないからか?

果たして、そうなんでしょうか?

・・・もしかしたら、こんなシナリオも考えられないでしょうか?

 

「ここのPOP読んでもねぇ、 あんまりオモシロくないしね、

 どこにでもあるような売り込みの言葉しか書いていないからねぇ」

こんな風にお客さんが思っている。

だから、POPを読もうとしない。

・・・そんなことは考えられないだろうか?

 

もう、初めからこのお店のPOPは読んでも、、、とお客さんは思っている。

そんなことって、ないかな?って、考えられないか?

 

反響のあるPOPとそうでないPOP、

その決定的な違いをひと言でいうと、そのPOPが他店でも使えるモノになっていないか?

ここが決定的なポイントです。

 

POPの中の商品や店名を替えれば、他所のお店でも使える。

そのようなメッセージだとしたら、それは反響を得るのは難しい。

そういうことです。

だって、そうでしょ?

「・・・美味しいんです」

「・・・スッキリします」

「・・・オススメです」

どこのお店でも書かれているような内容のメッセージがPOPに書かれてても、読んでいて楽しくないでしょう?

目が留まらないでしょう?

「あぁ、いつものか、」って、お客さんは思って、単なる広告としてしか受け止められません。

そう、風景と化してしまって、目を留めてもらえない。

 

・・・例えばですよ、お店にPOPがいくつかあったとして。

来店したお客さんが、入り口付近にあったPOPを2、3枚読んでみた。

すると中身は、上記のようなどこにでもあるメッセージが書かれたモノだった。

・・・お客さんは、次のPOPも読むでしょうか?

足を止めて読もうとするでしょうか?

 

お客さんがPOPに目を留めてくれない。

読んでくれない。

その原因は、インパクトのあるキャッチコピーが書かれていないから。

目を引く言葉が書かれていないから。

そんな理由じゃないかもしれませんよ。

 

・・・ちょっと厳しい言い方になっちゃったかもしれません。

でも、本当です。

もっと中身で勝負した方がいいかもしれないです。

そのためには、まず、

「自店のPOPが他店でも使えるモノになっていないか?」

「商品名や店名の部分を替えたら、他店でも使える内容になっていないか?」

要チェックです。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。