妻へ贈ったプレゼント 

以前、妻に誕生日プレゼントを贈ったときの話。

…何年前だっただろう?

ちょっと忘れたんだけど、
たぶん、6、7年前とかだったと思います。

僕がまだ起業する前、
サラリーマンをしていた時だったと思うので。

「何をあげたらいいんだろう、、、?」
プレゼントって、困るほうなんですよ。
3~4日くらい前から いつも、ドタバタして焦るパターンです。。

でもね、その年は違ったんです。
例年とは違い、 事前に準備していました。
用意周到に。

パソコンの前でカチャカチャ

準備し出したのは、2週間くらい前だったかな。
朝起きて、毎日パソコンの前に向かっていたんです。

先ほどもお話ししたように、当時は、まだサラリーマンだったので、
会社に出勤しなきゃいけない。

朝6時40分に家を出ていたんですね。
6時から朝ごはんを食べてたので、その前です。
たぶんだけど、4時とか5時くらいに起きて、パソコンでカチャカチャやっていました。

…完成したのは、ギリギリ。

それこそ、当日? いや、その前日だったかな?
とにかく、例によってドタバタで。。

当時の妻の誕生日に、なんとか、ギリギリ間に合った、、、
みたいな状態でした。

でね、夜、妻に渡したんです、そのプレゼント。

いよいよ、当日。

DVDでした。
これまでの過去の想い出を詰め込んだ、1枚のDVDでした。
トールケースに入れて、パッケージも印刷して。

DVDには、過去の2人の写真。

旅行へ行った時のとか。
妻の友だち。親戚、、、
あと当時、娘も生まれたてだったので、その娘が生まれたときの想い出の写真も入れて。

3~4分の動画にしたんです。
そして、DVDにして誕生日プレゼントに渡しました。

その夜、部屋を真っ暗にして3人で観ました。
3~4分の短い動画でしたけど、
それを見ながら、妻の頬には、滴が流れていくのが分かりました。

…そして、隣で僕も号泣してました(笑)

意図してやってみる

何か工夫をして、それが思い通りうまくいく。
嬉しい瞬間です。

自分で描いたシナリオで、その思い描いていたゴールへ到達する。
「あぁ、やってよかったな」
と思える瞬間です。

…やりがいを感じるというか。
上司が立てたシナリオを、上司に言われてやって、
たとえ、それが成功したとしても、そこで得られる悦びは、前者の比ではありません。

天と地ほどの差があります。

「こうやったら、うまくいくんじゃないか?」
「お客さまは喜んでくれるんじゃないか?」
「商品、売れるんじゃないか?」

はじめから上手くいくことは多くはありません。

自分で意図して、やってみて、 結果そこで何かを得られたら、、、
それは悦びにだし、経験にだし、一生の学びになってきます。
僕がいうと薄っぺらいですが、苦しみが大きければ大きいほど、そこから得られるモノは大きいです。

「妻の流す涙を見て、苦労した甲斐があった、、」

さすがに、そこまで感動家さんではありません。
しかし、手間をかけ、時間をかけて良かった。
そう感じたのは、事実です。

骨折り損のくたびれ儲け、という言葉もありますが。
それはそれで、後で笑い話。
ネタにすれば良いことで。
今回の妻へのプレゼントも、こうしてネタになっています。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。