あなたのお店を繁盛店に導く『3種の神器』とは?

もしも、あなたがインターネットやSNSが苦手なら、
ぜひ聞いていただきたい話があります。

ご縁をいただく会員さんの共通点に
インターネットが得意じゃない。

どちらかと言うと、

ネットを苦手とされる方が多いです。

そのような会員さんにお伝えしている
話をあなたに共有いたします。

この話を知っていただくことで、

「お店の業績を上げるためには、
何をすれば良いか?」

「あなたの大切なエネルギーをどこに注力すればいいか?」

「どの順番で行動すればいいか?」

一目瞭然になります。

後は、あなたはそのステップで
必要なノウハウや知識を学び
実践するだけでよくなります。

逆に言えば、必要以上に遠回りをする必要がなくなります。

「お店の業績を上げる」

というゴールを目がけて
一直線の最短距離を突き進めます。

遠回りをする必要がなくなり
労力や時間、コストを浪費せずにすむのです。

冒頭で、

「ご縁をいただく会員さんは、
ネットを苦手とされる方が多い」

とお話しいたしましたが、
今の時代、リアル店舗といえども
ネットを活用した販促は欠かせません。

やれるに越したことはありません。

しかし一方で、ネットではなく
あえてアナログに特化して業績アップを狙う。

その方法があります。

リアル店舗が業績アップを狙う上で
必要不可欠な、

ある3つのツールが存在します。

アナログ販促『3種の神器』と呼ぶツールです。

「…アナログ販促?」

「…3種の神器?臼井さん、一体何それ?」

という感じかもしれません。

今から順にお伝えするので安心してください。

まず、3種の神器、1つ目のツール、
それは、POPです。

リアル店舗の業績アップにPOPは必須です。

さらに、あと2つのツールも
一気にばらしてしまいます。

チラシ、そして
ニュースレター(お便り)です。

アナログ販促3種の神器

  1. POP
  2. チラシ
  3. ニュースレター

なぜ、これら3つのツールが
リアル店舗に必要不可欠なツールなのか?

説明できる理由があります。

POP、チラシ、ニュースレター、

あなたも耳にしたことがある
媒体だと思うのですが、
それぞれは一体何のために使いますか?

まずPOPを使う目的は?

来店されたお客さまにもう一品、
もうワンランク高価な商品を
購入してもらうことですよね。

いわば、顧客単価を上げることが
POPを使う1番の目的
です。

つづいて、チラシの目的は?

新規のお客さまを集めること。

明白ですよね。

では、ニュースレターは?

顧客の定着、
再来店してもらうこと
だと思います。

  1. POP=顧客単価アップ
  2. チラシ=新規集客
  3. ニュースレター=顧客の定着(再来店の促進)

この3つをよーく見てもらうと
勘の鋭いあなたならピンと来たかもしれません。

売上を生み出すには
客数、顧客単価、リピート率の数字を
上げればいい。そう…、

【売上=客数×客単価×リピート率】

あなたも一度は目にしたことが
あるかもしれない、この公式。

いわば、この売上を生み出す【公式】と
アナログ販促【3種の神器】は、

密接に関係しているのです。

客数を増やしたければ、チラシを撒く。

顧客単価を上げたければ
POPを書く。

リピート率を上げたければ
ニュースレターを書く。

売上を生み出す3つの要素が
それぞれ3種の神器と連動しているのです。

さらに、ここが肝なのですが、

3種の神器の中でも特に、
POPはこれらの中でも
最も実践ハードルが低いツール
です。

チラシやニュースレターなどと比べて
メッセージ量が少ないです。

小さいものだと名刺サイズの
ボリュームでお客さまの心を動かし
購入へつなげます。

言ってみれば、まずPOPで、

「どんな話をすれば、お客さまは喜ぶのか?」

「どんなメッセージを書けば
購入につながるのか?」

お客さまの心を動かす伝え方を学ぶ。

POPで学んだ伝え方を活用し
チラシやニュースレターを実践する。

もっと言えば
あなたのホームページに反映させる。

そうすることで
成約やお問合せにつながりやすい
サイトを実現できるのです。

「今の時代ネットが必要だから」

業者さんにお願いして
いきなりホームページをつくる。

しかし、さっぱりお問合せも反応もない。

「○十万円もかけたのに…」

よくあるケースなのですが
この原因は明白です。

ホームページをつくれば
最低でも○十万円はかかります。

チラシにしても
配布枚数によって差はありますが
数万円から10万円はかかります。

それに比べてPOPは
ほぼ無料で実践できる媒体です。

仮にペンや紙を買いそろえたとしても
千円もかかりません。

さらにポイントさえ掴めば
初心者でも結果の出やすい媒体です。

「セミナーで人生初のPOPを書いたら
翌日から注文数が倍になった」

よくお聞きする話です。

まずPOPを学んで
お客さまの心を動かす伝え方をマスターする。

顧客単価を上げたうえで、
その後、チラシやニュースレターを実践し
客数やリピート率を上げる。

効率的に業績アップを見込めます。

まず、あなたにPOPを学んでいただきたい
理由がここにあるのです。