小規模店『必須』の販売3大要素とは

1つ質問です。

商品を売るために

「あなた何が一番大切だと思いますか?」

…私は以下の3つが肝だと考えています。

試しに以下の○○に入る言葉を
考えてみてください。

  1. 話を○○○もらうこと
  2. ○○してもらうこと
  3. ○○してもらうこと

(※2.3には漢字2文字が入ります)

商品を売るために大切な3つの○○とは…?

この答えを今からお伝えします。

心当たりないですか?

つい最近、お客さま(常連さんを覗く)に
商品をお勧めした時のことを思い出してください。

その時、お客さまの様子は
どんな感じだったでしょうか?

「あなたの話を集中して
聴いてくれていたでしょうか?」

「興味深そうにして
何か質問をしてくれたでしょうか?」

「商品を購入してくれたでしょうか?」

…恐らくですが、数多くのお客さまは、
あなたの話を本気で聴いてくれなかったり、
『押し売り』と誤解していたのではないでしょうか?

具体的な行動をとってくれた方は
どれだけいたでしょうか?

そう、常連さんを除いた多くお客さまは、

  1. あなたの話を聴いてくれません
  2. 信用をしてくれません
  3. 行動をとってくれません

あなたが何か商品の説明をすれば、
売り込みと誤解して、

「どうやってその話から逃がれようか?」

必死で考えている方が多いと思います。

購入や次回の予約など具体的な
行動をとってくれるお客さまは
ほぼゼロに近いのではないかと思います。

「POPを学べばすべてが解る

手書きPOP セミナー講師 臼井浩二こんにちは、臼井浩二(うすい こうじ)です。
はじめましての方は、初めまして!

「商品やサービスをもっと売りたい。
もっと買ってもらいたい」

もしも今そう思われているのならPOPを学べばいい、
私はそう考えているんですね。

『POPの考え方を学べば、
販売に関わるエッセンス全てを習得できる』

セミナーでも、メルマガでも、そうお伝えしています。

なぜ、そんな事が言えるのか?
今からご説明いたしますね。 

POP3つの役割 

今や書店やドラッグストアに限らず、どんなお店でもよく見かけるPOP。
このPOPには次のような役割があるのです。

<POP3つの役割>

  1. 存在に気づいてもらう
  2. 興味を持ってもらう
  3. 手に取って(来店して)もらう

大まかに言うと、この3つです。

例えば、スーパーでの買い物を例にとって話をしてみると…
あなたは「今晩カレーにしよう」と夕食を決めたとしますよね。
夜、仕事からの帰宅途中、スーパーへ材料を買いに行く。

まず、お店に入ったらどこへ行くか?
どこの売場へ行くか?

というと、野菜売場かもしれません。
野菜売場へ行って、ジャガイモや玉ねぎ、にんじんを買う。
そして次は食品の売場へ行って、カレールウを選ぶ。

…最後は、お肉コーナー。
このような感じで買い物をされるんじゃないか、と思うんです。 

自然と買ってしまう仕組み

ここで1つ考えていただきたいことは、この3つ売場(野菜、食品、お肉)を移動する時のあなたの動きです。

「今晩はカレー」
と目的を決めて買い物に行かれた時は基本、寄り道はしない
欲しい商品がある売場だけを目がけて買い物されると思うんです。

野菜⇒カレールウ⇒お肉、
という感じで、他の売場には目もくれない。
サッサッ、サッと買い物を済まされると思うんです。

でもそんな時、食品からお肉の売場へ移動する途中…

何だかやけに目立つ、POPが置いてあったとしたら

お肉コーナーへ行く途中で…1枚のPOPに目が留まってしまったとしたら?

とりあえず時間があれば立ち止まってPOPを読むかもしれませんよね。 
そして読んでみたら結構、面白い。
ちょっと興味をそそられた。
商品の価格を見たら、200~300円とそんなに高くない。

ちょっと買ってみようか?

もしかしたら、こんな気持ちになるかもしれません。

普段だったら目もくれなかった売場にPOPがあることで立ち止まる。
そして、商品を手に取り、買い物かごに入れる。
そんなことが起こるかもしれません。 

POPが1枚あることで。 

実は今お話しした事は、販売における全てに共通する話です。

仮にあなたがブラックボードを使って商品を売ろうとしても、
チラシであっても、
ホームページであったとしても同じです。

ブラックボードなら、通行人にお店の存在に気づいてもらう。
そして、興味を持ってもらい、ドアを開けてもらうこと。
これが望む結果を得るための一連の流れです。

チラシなら、数ある新聞折込みの中からまず、目を留めて読んでもらい、

「なんだかこのお店は面白そう!」

と思ってもらう。

そしてその場で購入。
もしくは来店(お問合せ)してもらうこと。
 

  • 存在に気づく⇒興味を持ってもらう⇒手に取って(来店・問合わせして)もらう

どれも全て、基本構造は同じです。

さらに先ほどは話を解りやすくするために200~300円の低価格商品を例に挙げました。
しかし価格が少々高額になっても考え方はほぼ同じ。
変わりません。

冒頭で考えて頂いた、販売における3大要素、

  1. 話を聴いてもらう
  2. 信用してもらう
  3. 行動してもらう

この3つの要素が関わっているのです。

言い換えれば、3つのステップをクリアする事が
商品販売、集客というゴールへ直結しています。

さらに言えば、POPこそが
その3つのステップを集約したツールといえます。

あの小さな、たった1枚の紙を使いこなすことが
あなたの望むゴールへの一番の『近道』でもあるのです。

短期間で結果が続出する理由

まずはPOPを学ぶ。

これが販売においても、集客においても
肝を学べる最も効率かつスピーディな筋道になってきます。

「POPを学べば全ての販促物の結果を見込めるのです」

実際POPを使って、

  • 1週間も経たずに販売数が1.5倍
  • 半年間売れ残り商品を完売
  • 貼り出して1週間で2人の予約…など

短期間で結果を出す方が続出しています。

詳しくは下記をご覧ください。

POP書き方マニュアル