字が苦手で手書きデキない方へ

字の上手いヘタ、

手書きPOPの反響には、関係ない、、、

いくら言われても、腑に落ちない方へ。

今日の記事を捧げます(笑)

昨日の記事の続きです。

『【POPの悩み】「字がうまく書けないんですけど…」 』

そもそも、POPにしても、ニュースレターにしても

何のために書いているのでしょう・・・?
  ・
  ・
  ・
お店に綺麗なPOPを飾るため?

お洒落なレターをお客さんに届けるため?

そのために、POPを書いているのでしょうか・・・!?

どちらも違いますよね。

POPを書くのは、お客さんに読んでもらって、商品購入に繋げたいから。

ニュースレターを書く目的は、お客さんとの関係性をつくって、できれば、自分の商品やサービスの購入に繋げたい。

そんな目的があると思うんです。

じゃぁ、どんなPOPがお客さんの商品購入に繋がるのか?

どんなニュースレターがお客さんとの関係性の質を高めるのか?

「綺麗でオシャレなもの??」

じゃないですよね。

「俺(私)が書く目的は、もっと他にあるんだ」

そう心に言い聞かせる。

字のうまい下手は、POPやニュースレタの目的達成にあまり影響しないですから。

(むしろ、字に個性がある方が、うまくいく場合もありますからね)

お客さんの行動に影響するのは、字のうまい下手じゃなくて中身です。

(重々承知されていると思いますが)

見栄えが気になったとしても、

「俺(私)の目的は、もっと他の所、お客さんの購入に繋げることにあるんだよ」

と、ある程度開き直ることも大切です。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。