【手書きPOPの悩み】字を書くのが苦手、、、

手書きをするのに、

「私(俺)、字ヘタだからな、、、」

なんて思っていませんよね?

もし、思っているとしたら、それは損をしていますよ。

手書きPOPセミナーをさせていただくと、参加者の方から必ずと言ってイイほどいただくご

質問。

「字が下手なんですけども、どうしたらイイですか・・・?」

ちょっとこちらを見てください。

人生で初めて書いたレター
人生で初めて書いたレター

今から8年前、小売店で働いていた時に初めて書いたレターです。

この時は、仕入れ元であるJAの担当者宛に書いたモノでした。

現在でも僕が書いているニュースレターは、これがキッカケ。

っで、見てもらうと分かるように、

「字、汚いですよね?」 全然、うまくないですよね?(笑)

でも、これが精一杯だったんです、当時の僕にとっては。

ただ結論から先に言うと、この字のあまりウマくないレターが好評だった。

生産者さんからも直接、お店へ連絡が入るようになりました。

実際、・・・味をしめた僕はこの後、お客さん宛のレターも書くようになりました。

それで、お客さんにも愉しんでいただけていたんです。

・・・ちょっと話が逸れましたね。

とにかく、「字のうまい下手はあまり関係ないんです、お客さんにとっては」。

それが気になっているのは、書く側、こちらだけの問題なんです。

POPやニュースレターは誰のために書くのか?というと、お客さんのためですよね。

だから、お客さんが字がキレイじゃなくても気にしていないのなら、どんどん書いた方が

いい。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。