今すぐできる手書きPOPの書き方

今さら・・・かもしれないですが、

手書きPOPって、実践されています?

 

・・・えっ?まだ、、、やっていない?

なに!?やり方が分からない?

 

 

じゃあ、分かりました。

手書きPOPを書いてみたいけど、書き方が分からない。

そんなあなたに、今すぐできる、手書きPOPの書き方をお伝えします。

読んでいただければ、本当に今すぐ書けますからね。

じゃあ、お伝えします。

せっかく、手書きPOPを実践してみよう、、、

そう思われているのに、このまま今の気持ちをくすぶらせたらモッタイないです。

何とかして、はじめの一歩を踏み出してもらいたい。

一歩踏み出しさえすれば、あとは結構進んでいくもんなので、、、。

 

・・・というわけで、今日は、とっておきの方法をお伝えします。

POPを書いたことがない方でも、今すぐ手書きPOPを書ける。

そんな手書きPOPの書き方です。

超実践法です。

せっかくなんで、チャレンジしてみてくださいね。

ちょっと試してみよう、という軽い気持ちで大丈夫ですんでね。

 

ではまず、1枚のA4サイズの紙を用意します。

POPの台紙になるので、できればカラーがいいですね。

なければ勿論、無地の白のコピー用紙とかでも大丈夫ですからね。
・・・こんな感じで。

まずはA4の紙を1枚用意

まずはA4の紙を1枚用意

 

どんな紙でも大丈夫

っで、次に紙を横半分に折ってみます。

こんな感じですね。

 

A4の紙を半分に

A4の紙を半分に

 

さらに続きますよ。

もう半分に折っちゃいます。

さらに半分に折る

さらに半分に

次に今度は、左から右に(→→)折る感じで半分に。
すると、こんな感じになりますよね。

折り重なった状態 名刺サイズくらいの大きさになる

折り重なった状態
名刺サイズくらいの大きさになる

 

っで、これを広げます。

そして、先程折った折り目をカッターかハサミでチョキチョキ切っていく。

そうすると、同じ大きさの8枚の紙が出来上がります。

これが、POPの台紙になってきます。

 

じゃあ次に、黒と赤の筆ペン、もしくは2色のマジックを用意してくださいね。

あとは、この切った紙にPOPの内容を書いていくだけです。

こんな感じでね。

書くレイアウトを決める

書くレイアウトを決める

 

POPの書き方レイアウトサンプルとしては、

①キャッチコピー(POPの見出し)
②商品名
③商品の内容、伝えたいこと
④価格

こんな感じで書くレイアウトを決めて、内容を書いていくとかきやすいです。

・・・っと、今日はあくまでも、はじめの一歩を踏み出すための話。

もしも、ここを読まれて、「もっとPOPについて勉強したい」と思われたのなら

↓こっち(下)↓の手書きPOP書き方マニュアルがお勧めです。無料でお配りしていますからね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です