社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

あなたの本当の強みを見つけて、可能性を一気に広げる方法

自分の強みってなにか?

知りたいですか?

個人的に、強みに関して
人と違う考え方を持っています。

尊敬する方から教わったのが大きくて
これを知ってから明らかに、

自分の可能性が拡がりました。

狭い世界だけでなく
さらに広い視野で自分を活かす
方法を考えるようになりました。

ある意味、

「自分が何を求められているのか?」

意識できるようになったので
ヘンな気負いもなくなりましたし、

お付き合いする方々の幅も広がった気がします。

…起業した当時は、

「自分の強みって何なのか?」

よく考えていました。

無名で、実績もない人間が
選ばれるために何か目立つものがないと、、

エッジを研ぎ澄ます必要がありました。

産直店で働いていた時に
手書きPOPをつかって売上を上げることができた。

その経験を前面に押し出しました。

だから今でも、POPに関する
セミナーやサポートなどお仕事の依頼は
多くいただきます。

ただそこから少しずつ
会員さんとご縁をいただく機会は
変化していっています。

例えば、毎月訪問させていただく
ある小売店さん。

ご縁のきっかけはZOOMの使い方を
ご一緒に学ぶことでした。

会員さんのお店に行って
パソコンを突き合わせて
横でZOOMの使い方をお教えする。

普段、POPとかアナログ的な
ノウハウをお伝えすることが多いので、

「なんで、臼井がZOOM?」

という感じで初めは違和感が
あったのですが、

これは自分にとって大きな発見となりました。

個人的には、

【強み=カード】

尊敬する方から教わりました。

例えば、昔流行ったプロ野球選手の
カードを憶えていますか?

ポテトチップスの横についていて
自分もよく買いました。

色んな選手のカードがあって、

  • 滅多に出ない、レアカード
  • よく出る、外れカード

自分がないカードを友達と
交換したりして遊んでました。

実は、強みって、このイメージです。

自分のカードと相手のカードを交換する。

もう少し言うと、

相手が欲しがっているカードを
自分が多く持っていれば、提供してあげる。

その代わりに相手から別のカードをもらう。

このイメージが腑に落ちると
お仕事やご商売の可能性は一気に拡大しますし、

プライベートや人間関係も円滑にすすみます。

例えば、冒頭の会員さんの例でいうと、

  • 会員さんは、ZOOMの使い方を知りたかった。
    (⇒会員さんが欲しいカード)
  • 臼井は、仕事上ZOOMも使い、経験もあった。
    (⇒臼井が持っているカード)

そこで、自分が持つカード(経験)を
会員さんに提供した。

そして会員さんからもカード(対価)をいただきました。

カードの交換です。

ご商売も、お仕事も、人間関係も、
カードの交換だと捉えると頭が整理されます。

  1. 自分が多く持つカードは何か?
  2. 相手が欲しいカードは何か?

を見極めるだけでよくなります。

自分が多く持つカードが分かれば、
(例えば、ネットに長けているでも何でもいいです)

それを欲している人は誰か?

そして、その人はどこにいるのか?

を探せばいい。

逆に、自分の周りの方が欲している
カードが分かれば、

まず自分は持っているか?を考えればいい。

  • 持っていれば、提供
  • 持っていなければ、知り合いに
    そのカードを多く持っている人はいないか?

探せばいい。

カードを提供できれば
相手からもカードをいただく。

これで取引が成立します。

「俺(私)の強みは、○○だ」

固執すると可能性は狭まります。

そうじゃなく、

「他の人より多く持っている
(経験している)ことは何かな?」

考えてみると、提供できるカードや相手が広がります。

別にプロフェッショナルでなくていい、

他の人より多く持っている
多く経験しているカードは何か?

が分かれば、今以上に
活躍できる場は増えると思います。

あなたは、どんなカードを
多く持っていますか?

それを欲しがる人は誰ですか?

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。