選ばれるお店や商品になるために知っておきたいルールとは?

微差が大差を生む、

よく耳にする言葉です。

何も凄いことをしなくてもいい、

普通にできる小さなことを
いかに積み重ねられるか?

が大きな差を生む要因だよ、

みたいなニュアンスで個人的には捉えています。

大きな成果が欲しいがあまり
小さな、当たり前をできない。

蔑ろにする人って、結構多い気がします。

実際、私たちのまわりの人気店や
人気のひとにも、これは当てはまります。

ある日、娘とお邪魔した
熱帯魚店さんでのこと。

「なんかホテルみたいやね」

娘がポロっともらしたんです。

おばあちゃんと皆で熱帯魚店に買い物に行ったんです。

娘の誕生日プレゼントです。

自慢じゃありませんが
素人集団なので、お店のひとに全部聞いちゃうんです。

恐ろしいくらい、お店の言いなりです。

すると、、、

想定していた予算の倍以上の
価格になって、途中から販売員さんと
話すのが怖くなってきて。。

小学生の娘もゾッとした会話

販売員さん:「そうですね、これくらい暑いと
ヒーターがないと一発でやられますね」

臼井親子:「どんなのが必要ですか?」

販売員さん:「コレですね」

商品より先に値段を見る臼井親子、、(笑)

挙句には、購入する熱帯魚(グッピー)4尾を
入れた袋に販売員さんが、

「#100×4」

マジックで書いたんです。

すると、娘がその数字を見て、

「エッ、100円の違うで!
こっちの38円の、って言ったのに!」

反応して、叫びだしたんです。

販売員さんが書いたその数字、
レジで価格を打つ時わかるように商品番号か何かです。

しかし、途中から値段に過剰反応しだした娘は、

#100(商品番号)が価格に見えて、

「そんな高いの買ってない!」

店員さんにも聞こえるくらい
大叫びしてしまったんです。

これには店員さんと目を合わし大笑い(笑)

さて、そんななかレジも終え
最後、駐車場まで戻ることになったのですが
1つ問題が発生。

ショッピングモールだったこともあり
かなりの距離だったんです。

しかも、水槽、熱帯魚、備品、、、
荷物はめちゃくちゃあって。。

(しかも重い)

「お車までお運びしましょうか?」

店員さんがお店の台車を持って来て
運んでくださることに。

駐車場までの途中エレベーターを待つ間
娘がポロっともらしたひと言が、

冒頭の言葉だったんです。

「なんかホテルに来たみたい」

チェックインをして
部屋まで荷物を持って案内してくれる
ホテルの方がいらっしゃるじゃないですか。

あれを思い出したらしく。。

ここで1つ思ったんです。

私たちが仕事や商売をする際に、
『選ばれる理由』をいかにつくれるか?

めちゃくちゃ重要だと思っているんです。

  1. なぜ、あなたのお店(会社)へ行くのか?
  2. なぜ、あなたの商品を利用するのか?
  3. なぜ、あなたに仕事を頼むのか?

選ばれる理由がたくさんある、
イコール、人気のお店、引っ張りだこの存在

だと感じているんです。

さらに1つ付け加えるなら

その選ばれる理由は、

何も本業に限ったことじゃなくても全然OK
(というか、その方が威力は高い)と思っていて。

素人が分からないことに
嫌な顔ひとつせず答えてくれる、

駐車場まで荷物を運んでくれる、、、

娘に愛想よく話してくれる。

何でもいいので相手に喜びを与える
行為ができるかどうか?

それをやってくれるお店や
存在の周りに人々は集まるんじゃないか?

そう感じています。

別に難しいことをしなくてもいい。

人間としてされたら嬉しいこと
他の業界で普通にやられていること。

(荷物を運ぶは、ホテル業界で
当たり前のことかもしれません)

そんなちょっとしたことを、選ばれるお店や人々は
フツーにやられているのではないでしょうか。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。