行動のメカニズム。行動できる人になるには、どうすれば?

行動=成果

行動できる人イコール、成果をあげる人。

行動できない人イコール、
成果をつかめない人。

かなりの確率で誤差はないと思っています。

「行動力がなくて…」

と悩む方は多いです。

「セミナーに参加するんですけど
学びが行動につながらなくて…」

ご相談いただいたことも何度もあります。

これ、個人的な考えですが、

学ぶから結果が出るのではなく
行動するから結果が出る。

「当たり前すぎる事実を
エライきばって言ってるなー」

って感じですが結果をつかむうえで
めちゃくちゃ重要だと感じます。

ちなみに、

行動できる人は、行動が早いです。

「これ、やったほうがいいな」

思いついてから一歩を踏み出すまでの

スピードがめちゃくちゃ速い。

ある日、会員さんとZOOMミーティングを
していて、あらためて実感しました。

打ち合わせをしながら
新しいアイデアが出てきた時、

「会員さん、大丈夫かな?」
「実践になにかハードルとか壁ってないかな?」

心配になるんです。

「このアイデアいいですから、ぜひやっていきましょう!」

こっちが一人で盛り上がっても
会員さんがその気にならなければ当然結果は生まれません。

結果をつかむには、

  • アイデア:50%
  • 行動:50%

いや、、

  • アイデア:20%
  • 行動:80%

これくらいの比率で行動が大事だと思っています。

会員さんとのこんな会話

ただその日、ZOOMをした会員さんは、別格で。

アイデアを二人で思いついた。

「これ、できそうですか?」

「なにか作業する上で
ネックとか問題なさそうですか?」

お聞きすると、

会員さん:「大丈夫です」

臼井:「次回、2週間後(のミーティング)までに
何かしら進めれそうですか?」

会員さん:「2〜3日で進めます。
間が空くとやらなくなりますから(笑)」

すごいよな。

行動のメカニズムをばっちり
把握されていらっしゃるよな、って思いました。

行動のメカニズム

アイデアは思いついた時が
モチベーションMAX

日にちが経てば経つほど
モチベーションは下がります。

だからセミナーを受けたり
なにか本を読んだら、小さな一歩でいいので動く。

個人的な印象だと世の中には
行動できない人の割合は、90%以上。

だから、行動を欠かさなければ
上位10%に結果を掴める、

そう信じています。

なんだかんだいって、行動が全てじゃないでしょうか。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。