廃業寸前のヤバイ状況から復活された会員さんの話。やっぱり最後はここだと思う

「詐欺に遭ったほうがマシだった」

仲間の方からメッセージをいただきました。

「メルマガのネタになれば使ってください」

ご丁寧に書き添えてくださっていたので
共有させていただきますね。

仲間からのメッセージ

(前略)
WEBコンサルさんのSNSを利用した
マーケティングに申し込みました。

いままで経験したことのない効果の悪さで
クレームをつけたところ

「売上以外の成果が十分上げてきました」・・・

まだ詐欺にあった方があきらめがつきました。

by 仲間の方

読ませていただいて、
ほんと、こういう方々がまだいるんだな、って。

こういう人たちがいるから、

「コンサルはインチキだ」

みたいに一緒にされて私たちのイメージが悪い。。
ほんと、いい迷惑です(笑)

個人的な印象なのですが
特に流行り系のノウハウにこういう傾向が強いのかな、
と感じています。

ノウハウを伝える側の人間が
特に実業の経験がなかったり、

「とりあえずノウハウを売って売上が上がればいいや」

みたいに考えている方が多いんでしょうか。

だって、実業の経験がある方(コンサル)だったら
相手のお気持ちも分かりますしね。

しっかり行動されているのに
結果が出なかったら、やっぱりこっちも
責任を感じますよ。

もちろん結果なので
上手くいくとき、いかないときあります。

「なんとかして結果を…」

と思うのが人間心理だと思います。

だから、こっちも必死になる。
そして相手にも必死になってもらう。

その気持ちのつながりが
欠かせないし、結果を生み出すのだと思っています。

以前、ご縁をいただいた会員さんで、

「もう今の状態のままだと
今年中には廃業も考えなきゃいけないんです」

お申込み時に告白してくださった方がいます。

正直、そのお話を聞いて一瞬怯みました。

だって、ご縁をいただいて
もしうまくいかなかったら廃業されてしまう。

しかも、猶予は数か月しかない、、
責任重大じゃないですか。

しかし、結論からいうと、、

会員さんは見事復活されました。

ここで自分も学ばせてもらいました。

覚悟を持たれた方って
やっぱり違うよな、と。

打合せで出たアイデアは
即実行されていましたし
そのスピード感もハンパなかった。

行動力も桁違い。

だからヤバかった状況からでも
Ⅴ字回復されたのだと思います。

何においても100%なんてないんで、
どうしても結果が出る、出ないは出てきます。

しかし、

「どこまで一緒にお付き合いできるか?」

お互いに、その覚悟を持って取り組めるかどうか。

最後はここだと思っています。

何年も前に、マラソンの高橋尚子選手と
小出監督の関係が話題になりました。

「この監督で大丈夫かな…?」

「こいつより能力ある選手、もっと他にいるのにな…」

そんなこと思ってたら
絶対に結果なんて出ないですよね。

どこかに1%でも疑いの気持ちがあると
パワーは出ないと思います。

「絶対に結果を変える」

コミットできるかどうか。

どちらか一方じゃなく、お互いに。

その覚悟と責任を持つことが
現状を変えるスタート地点であり、

未来を変えるピースだと信じています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。