社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

魔法の言葉でコミュニケーションが劇的変化、相手に伝わる話し方3ステップ

遊ぶ、

スポーツする、

仕事する、恋愛する、、

何をするにしても
コミュニケーション抜きに語れない
と思うんです。

例えば、コミュニケーションがうまい人は
初対面でもすぐ打ち解けるし、

コミュニケーション下手のすご腕セールスマン、

ちょっと想像しづらいですよね。。

お客さまに商品の説明をする際にも伝えるチカラ、
コミュニケーション力は必須です。

以前、中四国で保険セールスNo1
になった方から話を聞いたのですが、

「営業で一番重要な要素って、いったい何ですか?」

ストレートに質問したんです。

すると、ひと言、バチンと言われました。

「笑顔やで、臼井くん」

笑顔って、裏を返せば
お客さまと仲良くなるための1つの手段ですよね。

「この人は大丈夫だ」
「信頼できそうな人だ」

相手との関係性を築くために
笑顔がポイントなわけですよね。

さらに言うと、

【関係構築=コミュニケーション】

伝えるチカラは、相手との関係を築くうえで
かなり肝になると思うんです。

その伝えるチカラに関して
小学生のうちの娘がヒントをくれました。

以前、こんな話をシェアしてくれたんです。

娘:○○先生、授業中、ぜんぜん関係ない話をよくするねん

※担任の先生です

私:たとえば、どんな話?

娘:衆議院と参議院の話を説明してくれてんけど…

私:おー、ほんで?

娘:すぐ、たとえ話をしてくれるねん

娘いわく、担任の先生は
授業中よく話を脱線するらしく、
昨日は20分くらいしてくれた、と。

(いい先生やねーと(笑))

コミュニケーションスキルを高める、ある言葉

ここからが本題なんですが、

さっきの娘の話のとおり
『たとえ話』をよくしてくれる先生らしいんです。

これ、人に何か伝えるうえでかなりポイントなんですが、

人に何か伝えたいことがあるとき
たとえ話を活用すると相手に伝わりやすいです

例えば、今日のブログの中でも
何度か『例えば』の言葉が登場していると思います。

(ぜひ数えてみてください)

実は、魔法の言葉なんです。

例えば(←あっ、ここにも)、商品の説明をしたり
お子さんに勉強を教えたりするときって
基本、相手が知らないことを教えてあげている状況だと思のです。

でも、相手が知らないことを
説明するのって、なかなかハードルが高い。

理解してもらえなかったり、相手がうまくイメージできない。

そんなとき、魔法の言葉を使うんです。

『例えば』という言葉は
相手とあなたをつなぐ、

架け橋

です。

考えていただくとわかりますが、

例えば…の後に続く話って
たいてい相手の知っていることに

置き換えていると思います。

さっきの架け橋もそうですよね。

相手への伝え方を説明するために
『例えば』という言葉が便利ですよ。

(でも理解しづらいかもしれない)

そこで、「例えば」という言葉は
「架け橋」と同じ役目なんですよ。

あなたがイメージしやすいように
喩えを出したわけです。

相手に伝わる話し方3ステップ

今の話を体系化すると
これら3つのステップになります。

  1. あなたが伝えたいことは何か?
  2. 相手が知っていることに置き換えると?
  3. たとえ話を使って伝える

この3つです。

あなたが伝えたいことを
そのまま伝えても相手が知らなければ
イメージできない。

相手にとっては、知らない世界の話のまんまです。

そこで、相手が知っていることに
置き換えて伝えてあげる。

【伝えたいこと】→【相手がわかること】

相手との接点を見つけ
架け橋をかけることで
相手にあなたの話は伝わりやすくなります。

まずは、相手の生活やシチュエーションなどを考え
接点を見つけてみてください。

例えば、を使いこなせると
驚くほどコミュニケーションがスムーズになりますよ。

そして、娘の先生みたいに人気者にもなれますよ(笑)

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。