思いや価値観を言語化し、優良顧客を集客する方法

臼井です、

コロナ禍のゴールデンウイーク
いかがお過ごしでしょうか?

わが家も例年なら
親父のいる大阪の実家へ帰省するのですが、

今年ばかりは高知で大人しくしています(笑)

BBQや釣りをしたり、昨日は
知り合いのピーマン農家さんのところで
ピーマン収穫体験にお邪魔してきました。

ずっとお付き合いしたい顧客を集客するために

前回、思いや価値観、人柄に共感する
人々を集めるためには、

  1. あなたの思いや価値観を明確にする
  2. 思いや価値観を発信する

まず、この2つを実行することがカギですよ。

この壁を乗り越えない限り、

「あのお店は価格が安いから…」
「新しいお店ができたから…」

本当の意味でのファンとは出逢えにくい
そんな話をしました。

とはいえ、

「自分の思いや価値観を言葉にするのは難しい…」
「そもそも思いや価値観って、なに…?」

そんなご意見もあると思うのです。

ですので、今回は、

あなたの思いや価値観を『言語化』する方法

を3つのステップでお伝えします。

文章で書くよりも、言葉で話した方が
腑に落ちやすいと思いましたので、

音声に収録いたしました。

思いや価値観を言語化し、優良顧客を集客する方法

画像をクリックすると音声がスタートします

人気者の共通点

周囲で気持ちのいい、安定した
ご商売を実現されているお店は
例外なくここをクリアされています。

もっと言えば、お店に限らず、

周囲に人が集まる、いわゆる人気者は
ここを常に実践されていると思います。

あなたのファンを生み出す、
そして集める基本戦略になってきます。

ぜひお聞きになってみてくださいね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。