社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

必勝パターンを築いて、何年も安泰のご商売を目指す

JFK、って知っていますか?

ジョン・エフ・ケネディ、、

アメリカ合衆国の大統領ではありません…

2005年、プロ野球の阪神タイガースが築き上げた必勝リレーです。

女性には申し訳ないのですが、おっちゃん世代の方には懐かしい話だと思います(笑)

相手も負けを覚悟

  • ジェフ・ウィリアムス投手(J)
  • 藤川球児投手(F)
  • 久保田智之投手(K)

試合中盤までにリードして、この3人のピッチャーに継投。
そうすれば、ほぼほぼ勝てる。

これが当時の阪神の『必勝パターン』でした。

この3人が出てきたら、相手チームは戦意喪失。

「負けを覚悟した」とまで言われるほど強力でした。

ただ、ここで阪神タイガースのおっちゃん話をしたいわけじゃありません。(そんな話をあなたも知りたい訳じゃないと思います(笑))

『必勝パターン』今日はここをクローズアップします。

必勝パターンの威力

勝ちパターンがあると、勝利をモノにできる確率も上がるし、精神的にも安泰。

とりあえず、必勝パターンに持ち込みさえすればいい。

余計なことを考えなくても、最高のパフォーマンスを引き出せます。

異性と仲良くなる。
相手の心をつかむ。
接客…

実は、様々なところで必勝パターンは存在するのではないでしょうか。

臼井の場合だったら、セミナーをするときがそう。

参加者さんにリラックスしてもらう。
距離を詰めるためのパターンを自分なりに持っています。

バラすと今度使えないので、ナイショですが(笑)

おそらく、あなたも何かしらの場面で、何かしらの必勝パターンを持たれていると思うんです。

ちなみに先日ご縁をいただいた、あるお店のかた。

フランチャイズの専門店を営むオーナーさんも必勝パターンを持たれていました。

集客の必勝パターン

  1. ご縁をいただく
  2. LINEにご登録いただく
  3. インスタグラムにフォローしていただく

こんな流れでご縁をいただくと、お付き合いが長くなる。
現時点での理想的な導線(必勝パターン)を持たれていました。

ただそこで、もう少しご商売的な話になりました。

「SNSのインスタグラムをやる人は、世代的にも偏りがある」と。

例えば、同じSNSでもLINEは幅広いユーザー層です。

  • インスタユーザー数:3300万人
  • LINEユーザー数:8600万人

と言われています。

うちの親父も今年からガラケーをやめてスマホに変えました。
LINEの登録もしました。

すべては孫の顔を見ながら話をするためです。(恐るべし、孫パワー)

そういった背景、そして(年配の方も多い)顧客層を考えたときにインスタよりLINEがいい。
LINEの方がお客さまにもアプローチしやすい、と考えますよね。

顧客から、ファンへなってもらう導線づくり

そこで次に話になったのが、

『見込み客→顧客→ファン』

この導線をつくるためにLINEでどうアプローチすればいいのか?です。

幸い、ここは臼井が起業してからずっと実践していることです。

メールとLINE、媒体は違えど、本質的にやるべきことは同じです。

例えば、多くのお店さんは、クーポンやセールス(商品紹介)のメッセージを送ることが主体。

しかしこれでは、ファンになってもらうどころか、ブロックされてしまいますよね。

異性と仲良くなるにも段階ががあるように、お客さまと仲良くなるにも、やっぱりステップ、流れがあると思います。

そんな話をオーナーさんとじっくり打ち合わせました。

まず、必勝パターンを築く

仮シナリオでもいいので、パターンができると、注力すべき方向性が見えてきます。

「何をすればいいか?」が明確になり、行動も早くなります。

逆に、パターンがないと、毎度毎度ゼロから考えなきゃいけませんよね。
エネルギーも費やすので、行動力も鈍ります。

個人的には苦手です。

とりあえず方向性を決めて、進みながら修正をする。

阪神タイガースのJFK、とまで言わなくても、やりながら次第に必勝パターンが形作られていく。
こっちの方が個人的には、お気に入りのやり方です。

あなたにとっての必勝パターンは、どんな形ですか?

今回ご紹介した会員さんは、オンラインのSNSだけでなく、オフライン媒体のチラシもかまして

  1. チラシ
  2. LINE
  3. インスタグラム

かなり面白い展開な予感です。

何年も使える必勝パターンを築く

そうやって考えていると…

ご縁をいただく会員さんとご一緒にやっていることは、

「その会員さんだけの必勝パターンをどうやって築くか?」

ここの気がしてきました。

必勝パターンを持たれた会員さんは、半年、1年…うまくいけば数年、
同じやり方で安泰だったりします。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。