コミュニケーションの達人になるための、もっとも身近で実践しやすい、ある方法

ある大学から講義の依頼をいただいたときのこと。

高知県立林業大学校さん、からです。

「正直、なんで?」

と思いました。

だって、林業の大学校さんですよ、

「臼井から一体何が学べるの?」

って思いました。
しかし、ご担当の先生から話を聞いて腑に落ちました。

人生を左右する1枚のシート

その大学校では入学すると
生徒たちに自己紹介シートを書いてもらうそうです。

「自分はどんな人間で?」
「学校でどんな事を学びたいのか?」

2枚のシートで自分を表現するそうです。

学校には、外部講師がやってくる。

その先生たちは、後々、就職先となる会社のお偉いさんだったりするそうで。
自然と生徒たちが書いた自己紹介シートを見るわけです。

そのときに、自己表現の仕方で先生への印象の残り方って、やっぱり違いますよね。

「臼井浩二でーす」

ふざけた自己紹介を書いていたら(そんな生徒はいないですが)、当然ながらインパクトは残りません。

「なんやコイツ」

むしろ逆効果です。

逆に、自分のことを包み隠さず、感情に残る自己紹介をすれば、記憶にも残りやすいはず。
もしかすると、就職にも影響を及ぼすかもしれません。

自己紹介がすべて、、

とは勿論言いません。

ただしかし、第一印象のインパクトって、意外と大きくないですか?

後々の人間関係に尾を引く…心当たりないですか?

以前、飲み会か、お茶の席で、遠くに座っていた私に料理やお茶を渡してくれた女性がいて、

「あー、気が利く人やなー」

好印象を持ったのを憶えています。(めっちゃ単純です)

第一印象、ファーストコンタクトで差がつきます。
初っ端でこけると、取り戻すのは大変です。

自己紹介は思っている以上にポイントです。

ご商売をされていれば、自社のこと。

  • 「あなたのお店をどうPRできるのか?」
  • 「あなたのお店は、どんなこだわりを持たれているのか?」
  • 「どんなポリシーを持って毎日仕事に向かっているのか?」

伝えるチカラ

お客さま商売をする限り、外へ発信しなければなりません。

しかも伝わりやすく、響きやすいメッセージの方が、ことは有利に運ぶはず。

「同じような商品を扱っているのに、なぜか、あのお店は繁盛してる」

「大した料理を出してないのに、あのお店はお客さまが集まっている」

悔しい思いをしたことありませんか?

「あの子、性格悪いのに、やたらと人気なんだから」

嫉妬した経験ないですか?(笑)

自己PRや自己表現が巧いと、ご商売が有利に運ぶ気がしませんか?

人間関係のストレスも少ないと思います。

自分を売る方法

…冒頭の林業大学校の先生が、電話の最後ポツリとお話しくださいました。

「自分も商品なんだから…」

私の著書『選ばれるお店』を読んでくださっていたので、その発想が生まれたのだと思います。

まるで商品を売るかのように、自分を売る。
自分を紹介する。

価値観が多様化し、個性が重視される今だからこそ、重要なスキルだと感じています。

POPやチラシで商品を売るかのように、『あなた』を商品に喩えて、相手に伝えてみる。

相手の心を動かす技術、
それがPOPコミュニケーションの神髄です。

商品がモノやサービスから人に変わっても、考え方は同じ。

POPコミュニケーションをマスターすれば、自己表現や伝える達人になれるのです。

○コミュニケーションの達人になる

選ばれるお店

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。