社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

『欲』から逆算すれば、あなたが目指す理想像へのロードマップが視える

臼井です、

欲があるから成長できる!
欲は人間の原動力だ!

そんな風に言われたら、どう感じますか?

「がめついヤツって思われたくない…」
「欲丸出しは…」

どちらかと言うと日本人は、欲に対してプラスの感情を抱いていない気がします。

自我丸出し…自分勝手なヤツ…

正直、私もそんな印象を持たれたくありません(笑)

そんな私の頭がガツーンと殴られた瞬間でした。

ユニバーサルスタジオジャパンをV字回復させた、立役者として著名な森岡毅さんがこんなことをおっしゃっていました。

「欲のない人間はいない」
「社会の発展は欲が原動力」

確かにそう言われると、欲って私たちの行動の源泉。エネルギーになっている気がします。

身近な例でいうと、

「今年の夏は娘とどこに旅行に行こうかな?」

と考えたとき、

「思う存分満喫するためにお父さんも頑張っとかないとな…」

エンジンかかります。(喩えがひどい(笑))

欲=原動力

欲がない時の自分は小さくまとまっているし、新しい挑戦もしない。行動量も少ないし、毎日の生活にも変化がない気がします。

さらに、この欲にはもう1つ大きなパワーがあって。

何かやらなきゃいけないけど、何をやればいいのか分からないとき…

従業員さんに自主的に動ける人間になって欲しいけど、どう言えばいいか分からないとき…

欲にフォーカスすることで、今すべきことが視えてきます。欲のことを考えていたら、ふと思ったのです。

例えば、周囲から選ばれる人間になる。お客さまに選ばれるお店になる。その存在になるために、何をすればいいか?

欲を掘り下げていくと、明確化します。

2つの『欲』

実は、欲には2つあると思っていて。

  1. 『なりたい』欲
  2. 『なりたくない』欲

の2つです。

まず、なりたい欲は、自分が目指す理想像。

「こんな人間になりたいな」

という理想の姿、ありませんか?

例えば、自分の場合は、

「人気者になりたい」
「目立ちたい」

小学生から中高生までいつも抱いていました。目立つために、しょーもないことをして、よく先生に怒られてました(笑)目立つ、人に影響を与える人間になる、これが私のなりたい理想像です。

逆の理想像

あともう一方で、

「こんな人間にはなりたくない」

逆の理想像もあると思うのです。

自分の場合は、

「言いっぱなし」
「口先だけの人間」

にはなりたくないと強く意識しています。

私が言うのもなんですが、コンサルって口だけの人間がめちゃくちゃ多くないですか?理論上はかっこいい話、聞き慣れないカタカナ言葉を使う。でも、

「それ、どうやればいいの?」

説明してくれる人は少ないです。(臼井データによれば(笑))

浮き彫りになる2つの要素

だから会員さんと取り組む際も、こう心がけます。

「現場で実践するときは具体的に、どうすればいいか?」
「これで大丈夫ですか?できますか?」

しつこく、嫌がられるくらい、念をおします(笑)そして、落とし込みます。

そしてここからが重要なのですが、

  1. なりたい理想像:人気者、影響力を与える人間。
  2. なりたくない理想像:言いっぱなし、理論、机上の空論ばかり話す人間

この2つが浮き彫りになることで、見えてくるものがあります。

自分がやるべきことは何か?

特にポイントなのは、『なりたくない』逆の理想像。

多くの場合、なりたくない理想像は、顧客の不満やグチに起因しています。
もしくは、ご自身の過去の嫌な体験。

言いっぱなし、机上の空論や理論ばかり話す人間になりたくないのは、ご縁をいただく会員さんでそこを不満に感じる方が多いから。あと、自分も店舗で働いていた時、そういう方のそういう所が嫌いだったから。

だから、そんな人間になりたくない。そう感じているわけです。

ということは…

  1. あなたが『なりたい』理想像(理想のお店や会社)は、どういう姿なのか?
  2. 逆の『なりたくない』理想像は、どういう姿なのか?
  3. 『なりたくない』理想像にならないために、やるべきことは何か?

この3つを考えると、あなたの『欲』を実現する具体的なロードマップが視えてくるはずです。

逆算ロードマップ

セミナーでは、机上の空論でなく、実際に現場で何をすればいいか?今すぐできる形で共有する。

格好つけた言葉や理論よりも、泥臭くても、会員さんが実践できる取り組みを一緒にする。

あとは、その自分が目指すこだわりを周囲に発信する。

これが、『なりたくない』理想像から逆算したロードマップです。

特に『なりたくない』逆の理想像からヒントを探る。ここがポイントだと思っています。

  • どんなお店にはなりたくないのか?
  • どんなお母さん(父親)には、なりたくないのか?
  • 職場でどんな先輩にはなりたくないのか?

従業員さんがいらっしゃれば、一度皆さんに考えてもらうと日々、目指すべき立ち位置や、そのために何を意識すればいいか?視えてくると思います。

欲は、成長の原動力

まずは欲を素直に認識する。第一歩なのかもしれませんね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。