お客さまに選ばれる理由。そのヒントは、意外と身近な場所にある

臼井です、

ちょっと恥ずかしい…過去の話です。

ブランドイメージを壊したくなくて、話してこなかったですが(大したイメージありませんが)、

人間味のある人って、個人的に惹かれます。

今からする話がプラスに働くのか?

分かりません。逆効果の可能性大ですが…どうせ壊れるほど大したイメージもありませんので、有言実行。

ある実験台になろうと思います

最後まで読まれてみて、

「あー、臼井が言いたかったのは、そういうことだったのか」

あなたに思ってもらえると幸いです。

30歳の頃に働いていた、大阪の産直店でのことです。社員2名(私ともう一人)とアルバイト、パートさん10名くらいの小さなお店でした。

上司(取締役)は普段現場におらず、高知県で本業をされていて、月に1回、営業会議で顔を会わすだけでした。

そんなある月の営業会議でのこと。

お店の人間関係が議題になりました。

もう時効なんで話しますが、

私以外のもう一人の社員とパートさんが、ややこしい関係になってしまいました。

簡単にいえば、お互いの悪口を言い合う関係になったのです。
※ちなみに二人とも女性です

客観的にみて、パートさんはすごく真面目に働いてくれる。一方、社員の女性もお店を何より1番に考える、熱意溢れる方です。

でもね、こんな言い方すると失礼なんだけど、揉めてる内容は大した問題じゃない。側から見てて、

「なんで、そんなになるんだろう…?」
「もっとお互い仲良くできないのかな…」

感じてました。

間に入って関係が戻るように画策したこともありました、っが、

余計こじれ、しんどいだけでした(笑)

取締役は基本、社員を優先します。社員の言い分を聞く形でした。

それがなんか辛くって…

「あんなにパートさん、頑張ってくれてるのに…」

一人で盛り上がってきて、突然、涙を流し始めてしまったんです。30歳の大の大人が、

「なんで仲良くできないんですか」

みんなの前でシクシク泣き始めたんです。前にいた社長、取締役2名、もう一人の社員も呆然。

「この子、どーしたん!?」

かなりビビったと思います(笑)

「アンタはすれてないからねー」

今でも当時の社長と会うたび笑い話にされます。今振り返ると、様々な経験をさせてもらったなって、ほんと思います。

常識のなかの非常識

農家さんから農産物をはじめて仕入れる際は、基本全て相手の言い値。

まずは農家さんが卸したい価格で仕入れ、結果を見ながら調整したり。(社長が知ったら即中止だったと思います)

前職の営業では、東京の展示会で興味を持ってくれたバイヤーさんに、

「本気で取引をしたいなら高知(の四万十)まで来い」

って突きつけてみたり(これは私というより社長ですね)、

羽田空港→高知空港(1時間40分)
高知空港→四万十(車で約2時間半)

「高知に着いてからが遠すぎる」よく相手先さんに怒られてました(笑)

それらを踏まえて無理矢理、話をまとめると、

経験って一切ムダがない

達成したい『目的』があって、それを叶える商品やサービスや仕事がある。

そのとき選んでもらうための人とは違う個性、選ばれる理由になるのが、『経験』だと思っています。

  1. 達成したいこと(目的)
  2. それを叶える商品・仕事(手段)
  3. 経験してきたこと(強み・選ばれる理由)

皆んなそれぞれがユニークで、唯一無二の存在です。そこって、私たちが感じている以上に価値があって。

あなたの想いや経験をもっともっと伝えてみる。

そうすることで共感してくれる人が現れるし、周囲から選ばれる理由になる。本当の意味でのファンや仲間が生まれるのだと信じています。

というわけで、また機会があったら、過去の恥ずかしい話を暴露しますね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。