人生の選択を見誤らないために心に留めておきたい1つの指針

臼井です、

『究極の選択』という講義を先日おこなっていました。

あるビジネス専門学校さんで、です。今期最後の授業だったのと、卒業して社会に出る生徒達だったので、

「いつもとは全く違う、
人生にインパクトを残す講義にしたいな…」

企んだのです。

人生の転機

人生には、いくつかの転機が訪れます。

Aを選択するか?Bを選択するか?

基本、『間違った』選択はないと思っています。選択後の行動が、1番大事。ただ、あなたの決断次第で、人生は思ってもみない方向へ向かう。

「あの時あっちにしておけば…」

後悔につながること多々あるのではないでしょうか。なぜなら人生は、選択の連続だから。

例えば、昨年のちょうど今頃、うちの父親が心臓の手術をしました。8時間近くかかった大手術でした。

ICU(集中治療室)での究極の選択

幸い手術は成功。現在は元気にしています。

父が手術後、入院していた病院で、ある『究極の選択』を体験しました。手術後しばらく、ICU(集中治療室)にいました。

「何が起こるか?」

わからないので、早いタイミングで妻と娘も面会にしに来てくれたんです。高知から飛行機に乗って、大阪の病院へ。

その時、ハプリングが起こりました。

「小学生は集中治療室へ入れません」

看護師さんに言われたのです。感染予防であったり、子供への心的影響を懸念してだと思います。

おじいちゃんに会えない…

高知から、お祖父ちゃんと会うために小学校も休み、出てきたにもかかわらず、宣告されてしまいました。

ルールは仕方ない。娘も私たち家族も受け入れ、妻と私が順に交代しながら
一人ずつ、家族待合室に残る娘を見ながら面会しました。

そして、集中治療室を去ろうとした時、それは起こりました。

「明日、高知へ帰られるんですか?」

ある男性看護師さんが聞いて来たんです。

「はい、明日帰ります。その前にもう一度(病院へ)寄らせていただきます」

そう言うと…看護師さんから、こんな言葉が伝えられました。

看護師さんから伝えられた『ある』言葉

「明日いらした際私を呼んでください。本当はダメなのですが、特例でお孫さんの面会を認めます。せっかく高知からいらっしゃっていますし…」

病院のルールでは、小学生以下は集中治療室へ入室できない。

しかし、特例なのか?
看護師さんの独断なのか?
上司に許可を得たのか?

わかりません。私たち家族の気持ちを汲みとって、例外を認めてくださいました。

この話を専門学校の講義で、生徒たちに話しました。そして、

「自分ならどんな選択をするか?」

考えてもらいました。

人生の選択

人生には様々な選択がつきものです。その度、悩みますよね。

「こっちでいいのか?」
「あっちがいいのか?」

損得勘定しながら考えます。※私も昨日ある決断をしました。それが正しかったのか、今でも考えます。

ですが、根本を言えば、選択に正解も不正解もない。その後の行動が未来をつくる、そう思います。

とはいえ、頭ではわかっていても、その場にいるとそうも冷静になれません。

「どうしたら有利になるか?」

エゴも出まくります。(昨日もそうでした。。)

エゴとの格闘

そんな時、1つ指針にする、ある言葉があります。

お仕事でご縁をいただく企業の社長さんが決断に悩まれた際、ある住職さんに頂いた言葉だそうです。

その事業が衆のためなら、大いにやりなさい。

自分のためにやるのなら、すぐ止めなさい。

「この選択が人生を決める」

人間なんで(特に自分はまだまだ…なんで)悩みます。行動だって、ブレまくります。そんなとき、その決断は…

『関わる方』のためなのか?
『自分』のためなのか?

エゴが出まくる自分への1つの指針として、思い出させてもらっています。

まぁ、口ではカッコつけていえますが、実際はまだまだですけどね。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。