この時代に3ヶ月連続で昨年対比を上回る会員さんがやられていること

臼井です、

前回の記事で音声をお届けしました。

コロナのダメージを最小限にするには、どうすればいいか?
そんな音声をエラそうに話させていただきました。

○ダメージを最小化する3つの方法

 

っで、その音声をお届けした翌日のこと。
ある会員さんから年賀状をいただいたんです。
そこには、こう書かれていました。

(前略)コロナ不況の中ですが、10〜12月と少しですが昨年対比伸びており、無金利の借入は無理みたいです。

前日の音声で、

「コロナに対抗するのは、そんな簡単じゃない」
「なんとか最小限のダメージで食い止めましょう」

みたいな話をしていたところに、

「前年比を上回っています」

そんなご報告をいただいたもんだから、心がパッと明るくなったというか、ほんと力をいただけました。

この時期に3ヶ月連続で前年比を超える会員さん

こちらの会員Kさんとご縁をいただいたのは、、かれこれ6〜7年以上前になると思います。

定期的に講座やセミナーを受けてくださっていて、昨年からあるプログラムを通じて月に1回、電話のやりとりを始めました。

Kさんがご商売をされる町は人口も少なくって。
たしか4500人くらい。
御多分に洩れず高齢化。

Kさんの顧客もシニアの方が中心です。

シニアの方が顧客の中心だと、このコロナ禍で来店してもらうのも大変なんじゃないか?

従来なら想像するのですが、Kさんのお店は先ほどの通り、前年比超えを3ヶ月継続されています。

会員さんが実践されていること

一体こちらの会員さんが何をされているのか?
っていう話なのですが、、

例えば、つい先日うちの父がスマホを持ちました。
(脱線しますが、関係ある話ですので安心してください(笑))
以前までのガラケーから、シニア向けスマホに買い替えたんです。

っで、早速ビデオ通話しました。

簡単にいえば、テレビ電話ですよね。

毎週土曜日の19時50分から電話で話すのが、親父:ジイジイの定例だったのですが、孫の顔を見ながら通話できるようになりました。

(いつも以上に笑顔でした)

…ちなみに、その数日前にも妻の友人のカフェのオーナーさんからテレビ通話の着信があったんです。
お電話をいただくときは、いつもテレビ通話です。
画面にうちの娘の顔を写すとかなり喜んでくださっていました。

今って、オンラインが当たり前

オンライン化が進んだことで、こうした便利さや喜びが新たに生まれていますよね。

…その一方で、『失われた』ものもあると思っているんです。

例えば、メールやダイレクトメッセージなどで、ご挨拶を済ませる。

「年賀状はやめました」

という方も多いと思います。

どっちがいい悪いというわけでなく、新しい何かが始まることで失われる(廃れる)何かがある。
例えば今回のコロナによって、オンライン化が加速しました。

オンライン化が整備され、便利になった一方で、失われたものもあるんじゃないかと思うんです。

オンラインの加速により失われたもの

全員が全員、新しい時代やものにフィットすればいいのですが、違和感を感じる人もいます。

冒頭でご紹介した、コロナ不況の中でも前年比を伸ばし続ける会員さん。
この方は、『失われた』何かに寂しさを感じるお客さまに、価値を提供されています。

これがコロナ禍でも前年比オーバーを達成されている1番の要因だと考えています。

なんか、こう書くと難しい話に聞こえちゃうんですが、やられている事は
いたってシンプルです。
時代の変化とともに寂しさを感じるシニアのお客さまに、その寂しさを埋める、
ある手間をかけられています。

…以前までだったら当たり前だったかもしれない

だけど時代が変化したことで、価値を帯びるようになった。

その価値を提供してくれる会員さんのご厚意が嬉しくて、お客さまは来店される。
そのサイクルが仕組みとしてできています。

時代が変わると、何かが生まれる一方で、何かが失われます。廃れます。

  1. 時代の変化ともに失われるものは何か?
  2. その何かに違和感を感じる人は誰か?
  3. 何を提供すれば違和感をカバーできるか?

この3つにアンテナを立てると、競争のない世界に入れます。

時代の先端はライバルだらけ

競争も激しいです。

なにも時代の先頭を走ることがすべて善じゃない。

…時代をどう見るか?

まだまだ選ばれる道は見つかる気がします。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。