コロナ禍でも業績を伸ばした飲食店3つの特徴とは

あけましておめでとうございます、

2021年もよろしくお願いいたします。

さて、2021年しょっぱなのブログ、

「どんな話にしようかな?」

なんて考えたのですが、

2021年の未来予想とか
時代の大極的な話は著名な大御所の方が
すでに伝えられていますよね。

あなたもそんな話を
臼井に期待していないと思います。。

なので、

「娘とお正月どう過ごしたか?」

シェアしようかと思ったのですが、

そっちもご興味ない…と思いますので
コロナの話をします。

withコロナです

※今からする話は1月5日に
メルマガご購読者さんにお届けした内容です。

昨年12月あたりから第3波が到来しました。

「昨対売上15%という
とんでもない数字になっています…」

Facebookを見ていると
ある飲食店の社長さんが投稿されていました。

想定を超えた数字に
思わず言葉が詰まってしまいました。

コロナが終息しませんね。

ある程度覚悟をしていた
とはいえ、現実になると、

やはりキツいものがあります。

なので、今更ですが
withコロナを考えるしかありません。

「絶好調!売上アップだぜ!」

なんて話はできません。

ダメージを最小限に食い止める方法

しかし、

「どうすれば、ダメージを
最小限に食い止めれるのか?」

「新たな手立てはどうやって
考えればいいのか?」

そのヒントにつながる話なら
お伝えできる気がします。

事態が終息しない以上、

コロナ禍でも立ち行く
商売方法を考える必要があります。

そのヒントとして、

コロナ禍でも『業績が伸びた』
飲食店には3つの特徴があります。

ある方から教えていただいたのですが、、

コロナ禍に業績を伸ばした飲食店3つの特徴


1:配達に注力

2:●ー●キットを開発

3:あるコンセプトを導入

大きく言うとこの3つが該当します。
(教えてくださった方は他の要素もあげられていました)

さらに、この現状を踏まえた上で
新たなアイデアや展開を練るには、

1:来店(お客さまに来てもらう)

2:訪問(お客のところへ行く)

3:自宅で利用してもらう(行かない、来ない)

3つの商品提供パターンが
ヒントになってくると考えています。

『コロナ禍でも業績を伸ばしたお店の特徴』

✖️

『提供方法』の組み合わせ

です。

口で言うより1万倍以上難しい話

ですが、

「何をやっても、どうせ何も変わらないし…」

何も動かなければ
停滞しかないと思っています。

現状を180度ひっくり返すのは
しんどいです。

しかし、ダメージを最小限に
食い止めることは可能です。

さらに綺麗事を言うならば、

今、試行錯誤しながらでも
もがくことが、後々花を咲かせる
『種』になるはずです。

音声を収録しました

「コロナ禍でも業績が伸びた
飲食店には3つの特徴」

をヒントに、

「3つの商品提供パターン」

を組み合わせることで、

今できるアイデアの種を
発見したいと思います。

○3つの提供パターンでアイデアを練る

 

しんどい状況になると
行動力は確実に鈍化します。

今回の音声が少しでもあなたの
アイデアや背中を押すヒントになれば、

そんな気持ちです。

2021年もどうぞよろしくお願いします。

臼井浩二

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。