商品紹介が苦手、、、 

ipad-632512_640

 

機会があって、「強み」発見のテストを受けたんです。

 

今までも、自分の強みには興味あったんですが、

実際に正式に受けたのは、初めてでした。

 

っで、思ったんですけど、これって、結構当たりますね。

ちなみに僕の強みは、

「ポジティブ」、「最上志向」、「包含」、「アレンジ」、「責任感」

という5つの要素だったんですね。

 

…まぁ、自分で云うのもアレなんですけど、当たっているような気もしました。

 

っと同時に、僕たちって、

  • 自分を客観的に視るのって、苦手
  • 自分を客観的に視てもらうのが、好き

そう思ったんですけど、そんな事ないですか?

■商品紹介が苦手、、、

以前、ある通販サイトのお手伝いをしたときのこと。

地域産品の商品を紹介。

そこから通販につなげる、っていうサイトだったんですね。

そこで、

「商品を紹介するための文をつくって欲しい」

ということで、約200アイテムの紹介文をつくったんです。

 

そこでね、すっごい思ったんです。

 

メーカーさんって、自分の商品をPRするの苦手にされてるよなーって。

 

だってですよ、事前に資料として、メーカーさんがつくった紹介文をもらうんです。

商品紹介文が書かれたペーパーです。

まぁ、これが何と淡泊な事か。。(笑)

 

「書くのが面倒、、、」

これが1番の要因だと思うのですが。

それにしても、モッタイナイ状況だよな、と。

■「納得する」理由がつくれているか?

そもそもの話なんですが、

  • 自分こと
  • 自分商品の価値
  • 個性

これらって、案外ご本人は気づいていない。

認識していないケースって、多いんじゃないでしょうか?

 

例えば、チラシやPOPをつくるにしてもそうなんですが。

 

表現方法にこだわる方は、多いです。(言葉選びとか、デザインです)

 

だけど、

「ご自身のお店(会社)の個性」

ここに目を向けられる方、少ないです。

ここを意識してメッセージをつくる、発信される方、少ないです。

 

僕は、「軸」っていう言い方をしているんですが。

その軸をまず認識したうえで取り扱う商品やサービスを伝えていく。

 

「あなたのお店の個性があって、

 その結果、その商品を扱っている」

 

こういった図式があった方が、メッセージに説得力が生まれてきます。

 

「あぁ、このお店で、この商品を買った方がいいんだ」

っていうお客さまの納得。

 

買う理由につながってくるんですね。

 

…冒頭の話に戻りますが、 僕がお手伝いさせてもらった「通販サイト」。

ここで売れる商品っていうのは、

「軸」×「商品」

やっぱり、「軸」をしっかりと打ち出せているモノでした。

 

しっかりと軸があれば、たとえ他店が同じような商品を扱っていたとしても、

「お客さまがお店や商品を選ぶ」

その理由をつくっていけるのです。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。